グリーンフラッシュと地震との因果関係は?父島の西方向 阿曽山大噴火!



太陽が西の水平線に沈むときに見られる夕日が

赤ではなく、緑色(グリーン)に見える現象を

 

グリーンフラッシュ」と呼びます。

日本では、小笠原諸島の父島で見られることがある

ということが知られています。

 

発生する確率が非常に低い「グリーンフラッシュ」を

見られるのは幸運な気もしますが、

地震発生の予兆かもしれません。

 

というのも、同じ日に阿蘇山が大噴火をしているからです。

 

 

2016/10/8阿蘇山が噴火!

阿蘇山の噴火の兆候を観測する研究施設「京都大学火山研究センター」

(熊本県)の大倉敬宏教授によると、

今回の噴火は、火山の地下水がマグマの熱によって温められ、

沸騰して爆発する「水蒸気爆発」とみられる。

 今月に入り、火山性地震や微動が活発化するなど、

水蒸気爆発が起きる兆候が確認されていたという。

 気象庁などによると、8日未明の噴火が起こる約4時間前の7日午後9時50分頃、

噴火が発生。この噴火により、いったん岩盤が割れて火口が開いたが、

8日未明になり、何らかの原因で火口が再びふさがった。

これによって地下の圧力が急速に高まり、今回の爆発につながった可能性がある。

今回のように、大きな空気の振動を伴う爆発的噴火は1980年以来となる。

出典:阿蘇山噴火、水蒸気爆発か…今月に入り兆候確認

 

阿蘇山から出た火山灰は広範囲に広がって、

四国にも届いている状況です。

 

2016/10/8父島で「グリーンフラッシュ」が観測!

小笠原諸島・父島の高台にある三日月山展望台で8日夕、

太陽が沈む直前に緑色に輝く「グリーンフラッシュ」

という珍しい現象が見られた。

 この日は澄みきった青空が広がり、

夕焼けを見に多くの観光客らが展望台に詰めかけていた。

水平線に太陽が沈む瞬間、緑の閃光せんこうが見え、

高台は歓声に包まれた。

 水平線に沈んでいく太陽の光は、色により屈折率が違う。

まず赤い光が届かなくなり、その後、青い光が大気で弱められると、

中間の緑だけが一瞬残ることがある。

国立天文台の家正則名誉教授は

「珍しい現象で、見ることができるのはとても幸運だ」と話している。

 父島は、グリーンフラッシュが比較的観測しやすい場所

として旅行ガイドなどで紹介されている。

出典:父島で「グリーンフラッシュ」…観光客らが歓声

 

グリーンフラッシュは、ほんの一瞬で、

沈む最終局面で偶然が重なって、

緑色に見えるという現象です。

 

父島太陽が沈む西方向には阿蘇山がある!

 

光の屈折によって、グリーンフラッシュが起きることが分かっています。

 

10/8未明に阿蘇山の噴火による空気中の浮遊物質が原因で、

光の屈折が起きたと考えられないでしょうか?

 

勿論、証拠などはありませんけれども、

阿蘇山は、父島から見ると西方向に位置していて、

太陽が沈む方向にありますので、

可能性はあるのではないでしょうか?

 

グリーンフラッシュと地震との因果関係は?

 

阿蘇山の噴火はおそらく、熊本地震との関連が

あり得るだろうと推測ができます。

 

熊本地震が断層のずれによって発生していますし、

益城町から南阿蘇村方向に延びる断層が大きく動いたのが、

 

熊本地震の発生メカニズムです。

 

そして、阿蘇山は断層の延長線上にあるのです。

 

熊本地震の断層については、

⇒阿蘇大橋 俵山トンネル崩落は布田川断層帯至近!地図上で熊本地震 危険地域は?

をご参照ください。

 

阿蘇山の噴火と父島で観測できるグリーンフラッシュとの因果関係

があるなら、

 

グリーンフラッシュと地震との因果関係も十分に

あり得るという仮説は立ちます。

 

地震研究者は是非、研究をしていただければと思います。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析