鳥インフルエンザ 人に感染しパンデミックなら関連株の暴騰!



インフルエンザの流行の季節になると、

鳥も鳥インフルエンザが発生するようになります。

 

鳥インフルエンザが怖いのは、鳥が大量に死滅することで

飼育していた鳥を焼却処分しなければならず、

経済的な損失がでることだけではありません。

 

人に感染してパンデミックになった

場合には世界的な流行になり、

死者も多数出ることが予想されるからです。

 

そして、鳥インフルエンザ関連株

大暴騰することになるのです。

 

関連企業にはどんなものがあるのでしょうか?

 

鳥インフルエンザは人に感染することの証明とは?

一般的には鳥インフルエンザは人には感染しないと

言われています。

 

鳥インフルエンザが人に感染しないことを否定すれば、

感染することが証明できます。

 

つまり、少数でもいいので、鳥インフルエンザが

人に感染した事例があればいいわけです。

 

そして、人数は少ないものの、インドネシア、ベトナム、タイやエジプトを中心に、

H5N1亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが

人に感染して、

 

鳥インフルエンザ(H5N1)を発症した事例が報告

されているのです。

 

つまり、鳥インフルエンザは人に感染することがあることの

証明はされているわけです。

 

ただし、鳥インフルエンザは、人から人へは感染しないという点で

今のところは、鳥インフルエンザウイスル自体は脅威には

なっていません。

 

鳥インフルエンザが人に感染し新型ウイスルに変わるとパンデミックが発生!

鳥インフルエンザウイルスが人に感染したあとで、

ウイスルが遺伝子の変異を起こし、新型のインフルエンザウイスルへ

変異すると

 

人から人へ感染する新型ウイルスに変化する可能性は

十分にあります。

 

人から人へ感染が広がるとパンデミックになります。

 

バンデミックが発生すると関連株が暴騰する!

鳥インフルエンザによって鳥の焼却処分の報道が

なされるだけで、インフルエンザ関連株が上昇しています。

 

鳥インフルエンザは鳥から鳥へは感染しても、

基本的に人へは感染しないし、

 

人に感染した場合でも、新型ウイルスへ変異しない限りは、

パンデミックは発生しません。

 

それでも、関連株が上昇するのは、いずれ、

人へ感染し、新型ウイスルへ変異して、

新型のインフルエンザの大流行の可能性があることを

危惧しているからに違いありません。

 

そして、将来、パンデミックが起きるようになると、

インフルエンザ関連株はいよいよ、

大暴騰を演じるときが来ます。

 

鳥インフルエンザの関連銘柄は?

鳥インフルエンザが発生したというニュースをうけて、

ウイスルを防御する意味でマスクや防護服の

関連株が上昇します。

 

マスク関連株一覧

マスク関連企業は鳥インフルエンザ関連としても、

PM2.5関連としても市場の注目を浴びます。

 

関連株としては

ダイワボウHD(3107)

日清紡HD<3105>

ダイワボウHD<3107>

シキボウ<3109>

ホギメディ<3593>

川本産業<3604>

小林製薬<4967>

ユニチャーム<8113>

 

などがあります。

 

マスクの3107ダイワボウHD

ダイワボウのマスクは肌にフィットし、

花粉やウイスル飛沫を99%カットできると

されています。

 

ウイスルの除菌にはクレベリンで有名な企業

ウイスルや菌の空間除菌といえば

クレベリンがよく知られています。

 

クレベリンを製造販売しているのは、

正露丸で有名な大幸薬品(4574)です。

 

 

 

防護服関連で3161アゼアス

アゼアスは防護服を販売する企業です。

 

作業現場(鳥インフルエンザが発せいた場所で)や

医療現場、ウイスルの研究機関などでは

同社が販売する防護服が活用されています。

 

インフルエンザワクチン関連で4585UMNファーマ

UMNファーマはインフルエンザワクチンの

研究開発を行う創薬ベンチャーです。

 

これまでより毒性の強いウイスルに対する

ワクチン開発の研究を行っています。

 

現在は、日本では申請中の段階で承認は

されていませんが、

今後には期待ができる企業です。

 

この企業が創薬したワクチンは

アステラス製薬を通じて販売される予定です。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析