設楽ダムで水没する愛知県設楽町八橋、川向、大名倉地区とは?




設楽ダムが今後建設されると、愛知県設楽町にある

六地区計百二十四世帯がある集落が完全に水没します。

 

完全に集落が水没して消滅する地域は

八橋地区川向地区大名倉地区の3集落にもなります。

 

八橋、川向、大名倉地区はどこにあって

どのような場所なのかを見ていきたいと思います。

 

 

設楽ダムで水没する八橋地区はどこにある?旧八橋小学校は解体済み

設楽町八橋地区の場所を地図で見ています。

今のところグーグルマップにも八橋という地名が表示されていますが、

ダム湖に沈むと地名がなくなります。

 

 

八橋地区に咲くウバヒガン桜も切り倒されるのでしょうか?

それとも移転できるのでしょうか?

 

過去にダム湖に沈んだ村の事例については

⇒荘川村の荘川桜は移植できたが合掌造り集落は御母衣湖に沈んで消滅!

をご参照ください。

 

八橋地区にある旧八橋小学校は昭和46年に廃校していて、

田口小学校に統合されていますが、

木造建築の旧八橋小学校の建物は解体撤去されました。

 

集団移転をした八橋地区では2014/10/17に

閉区式が行われています。

 

それでもまだダム工事が始まっていませんから

懐かしい故郷はまだ現存しています。

 

設楽町川向地区はどこにある?しだれ桃の里も水没

地図上では川向とう名称が表示されていません。

川向地区 地図

川向地区 地図

 

川向地区は2013年に閉区式が既に

行われて八橋地区よりも先行して

集団移転が完了しています。

 

 

残念なのはしだれ桃の里が水没することですね。

 

 

大名倉地区はどこ?縄文時代から続く歴史ある集落が水没する

大名倉地区はまだ地図上に名称も残っています。

大名倉地区 地図

大名倉地区 地図

 

 

山深い地域で秋の紅葉も綺麗ですが、

水没するとみられなくなりますね。

 

 

 

 

大名倉遺跡は水没しますが、

どのように対処するのでしょうか?

 

いずれにしても縄文時代から人が住んできた場所が

人工的な設楽ダムの完成後にできるダム湖に水没します。

 

二度と見れない風景がまだダム完成前は見ることができます。

 

設楽ダム建設予定地はどんなところでどのあたり?

ダムの建設予定地は風光明媚ないい場所です。

画像をみてみましょう。

 

設楽ダム 建設予定地

設楽ダム 建設予定地

 

地図は設楽ダム建設予定地の

おおよその場所です。

 

豊川をせき止めて上流に設楽湖が出来上がり、

上流にある集落は水没です。

 

ダム予定地の北東側には役場など設楽町の中心部がありますが、

中心部は水没しません。

 

故郷がなくなることで様々な思いがあるかと思います。

今後どうなるのか注目していきたいです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析