和田光司さん上咽頭がんの闘病生活中Twitterで教えてくれた予防法とは?




アニソン歌手として私たちを元気づけてくれ、

励ましてくれた和田光司さんが上咽頭がんとの長年の闘病生活を終えて

亡くなりました。

 

多くのファンからは和田さんへの感謝のTwitter

飛びかいました。

 

心からご冥福をお祈りいたします。

 

和田さんが亡くなる直前にツイッターで私たちに残してくれた

メッセージには次のようなものがあります。

 

 

和田さんのTwitterにあるように、免疫力を高める

癌を予防法として、心を入れ替える必要性がありました。

 

 

和田光司さんがTwitterで教えてくれたことは免疫力を上げて上咽頭がんや病気を克服すること

和田光司さんが読んでいた本は

「~帯津博士が提唱する心・食・気の三原則~自然治癒力」

 

という帯津先生の著書です。

 

帯津先生は医師でありながらも東洋医学を熱心に研究する方で、

漢方薬の処方だけではなく、

 

陰陽五行説にある「気」という考え方にまで

踏み込んで研究している珍しい医師です。

 

自然治癒力=免疫力を上げるには「心、食、気」の3つがキー

になるという内容で、

 

具体的には本で見て読んで頂ければと思います。

 

和田さんが自身の上咽頭がんとの闘病生活の中で

感じた大切なことを私たちにツイッターで

知らせてくれたことに感謝します。

 

心が変わると行動が変わりますから

難しいことですが大切なことです。

 

がん予防法として食生活のあり方や「心」を入れ替えることは実は難しい、けど大切

がんを予防する食生活というのは

次のようなものです。

 

  1. 免疫力を高めると言われる野菜や果物を豊富にとる
  2. 血糖値を上げるような大食いや早食いを辞める
  3. 鉄分の過剰摂取を避ける
  4. 塩分摂取量を減らす

 

1~4のすべてに当てはまるとか4つのうち2つは該当する人も

多いはずです。

 

血糖値を上げないことの大切さは癌細胞が

糖分をエネルギーにして生きているからです。

 

つまり体内の血糖値を上げないことが

ガンを予防することにつながります。

 

大食いや、早食いを辞めるということでガンの発症リスクを

減らすことができると理解できても、

 

本当に私たちが実行に移すだけ、

心の在り方、考え方が変わるのか?

 

難しいことです。

 

和田さんは帯津先生の本を読んで

心を変えることを感じ、その大切さを

私たちにTwitterで発信してくれました。

 

がんとの闘いが相当に辛かったと思うのですが、

和田さんの伝えたいという気持ちを

しっかりと受け止めたいと思います。

 

咽頭がんにかかった坂本龍一はタバコを「気」の流れを調節する針治療で辞めた!

和田さんが読んでいた帯津先生の本は

「気」の流れの大切さが説かれています。

 

坂本龍一さんは中咽頭がんになる前には

かなりのヘビースモーカーだった時代がありました。

 

坂本さんがやめられないはずだった喫煙習慣を断ち切ったのは

薬での治療ではなく、針治療でした。

 

針治療というのはツボを刺激して気の流れを

良くする方法です。

 

タバコを吸いたいと頭で思っていても

体が受けつけなくなったという奇跡的な体験です。

 

咽頭がんで歌声失ったつんく♂も後悔したガン予防法についてはこちら!

 

和田さんがTwitterで教えてくれた帯津先生の著書や

気、心、食についての大切さ。

 

改めて学んでいく必要性を感じます。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析