小林麻央 喉痛を治す為病院で鼻から内視鏡?即効性がある薬は駆風解毒湯!



小林麻央さんは2016/11/16のブログで、

喉の痛み(=喉痛)が出て、病院へ行ったと

コメントしています。

 

秋から冬になるこの季節は風邪が流行りますし、

朝起きたら、喉が痛かったということは

誰にでも有り得ることです。

 

ところが喉痛は病院やクリニックへ行っても

即効で痛みを取ってくれたという話は

きいたことがありません。

 

しかも、薬は処方してくれるのですけれども、

薬を飲んだりうがい薬でうがいをしたりしても、

すぐに痛みが取れないという体験は

一度はが経験しているのではないでしょうか?

 

喉の痛みを即効で治す漢方薬として麻央さんの回復を祈りながら、

駆風解毒湯という妙薬を紹介します。

 

小林麻央 鼻から内視鏡入れた甲斐なく喉痛が5日以上治らない!

小林麻央さんは、2016/11/20のブログでも、

まだ喉の調子が良くないことを公表しています。

 

喉が痛くなってからすぐさま病院へ行って、

鼻穴から内視鏡を入れたことがわかっていますが、

 

小林麻央さんの主治医は最先端のテクノロジーの1つとも言える内視鏡で

喉の状態をよく観察できて、

病状をよく把握できたはずです。

 

しかし、結果として、病院へ行ってから5日以上も

喉痛が取れていません。

 

単純な風邪が原因の喉痛も馬鹿にはできませんね。

 

鼻から内視鏡を入れた理由は?

普通の風邪くらいでは鼻から内視鏡を入れないかもしれませんね。

乳がんを患っているから念のために、

炎症の状況を医師は確認したかったのかもしれません。

 

 

喉の痛みを治す効果に即効性があり、持病の薬と併用もできる漢方薬=駆風解毒湯

喉の痛みは小林麻央さんのように5日経過してもまだとれない

という辛さがあるのです。

 

また、小林麻央さんがかかるような名医でも

簡単には治せないというのが実情です。

 

すぐに治したいからといって痛み止めのロキソニンや

ボルタレンを服用しても

喉痛には効果が薄いです。

 

個人的な経験ですけれども、

1日の服用で喉の痛みが即効で治った経験がある

薬は漢方薬の駆風解毒湯(くふうげどくとう)です。

 

喉痛を治すのに駆風解毒湯の即効性を経験したのは

1回や2回ではありません。

何度も体験済みです。

 

あまり薬局にもおいてありませんので、

販売しているお店も少ない状況ですし、

 

かと言って、病院やクリニックでも処方をしてくれることは

ほぼありません。

 

駆風解毒湯は近くの薬局においてあるかどうかを

しらみつぶしに探すしかないのですが、

アマゾンでは販売をしています。

 

駆風解毒湯の飲み方は、普通にお湯で

ゴクリと飲んでしまってもいいのですけれども、

 

できることなら、お湯にとかして、

痛みのある喉をゆっくりと通過させながら飲むと

より効果的です。

 

どうしても苦くて飲めないという方には

トローチとして、

【第2類医薬品】サトウ駆風解毒湯エキストローチ 18錠

があります。

 

サトウ製薬さまさまです。

 

駆風解毒湯がどのくらい効果がある漢方薬なのかについては、

⇒風邪の初期、喉の痛みを治すにはボルタレン?駆風解毒湯は教えたくない漢方?

をご参照ください。

 

小林麻央さんのように、乳がんの闘病中で他の薬を

服用している場合でも

 

漢方薬の場合には他の新薬と併用して服用することも

体に負担がかかりにくいというのもメリットです。

 

心配な方は医師に相談もしてみましょう。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析