夜勤に疲れたという理由で会社辞めたいという人は睡眠の質が悪いかも?



会社勤めで夜勤専門で稼ぐ人は朝まで働いて、

昼すぎに起きるというライフスタイルで働いている人もいます。

 

2交代や3交代で夜勤をするのは

夜勤明けの疲れた体は悲鳴を上げています。

 

 

体にもこたえるので会社を辞めたいという風に

考えるようになります。

 

会社にはできる限り我慢して収入を得るためには

しがみつく必要もあるのですが、

 

会社を辞めたいと感じる理由が深夜勤務の疲れた体を考えると

健康を考えてやめた方がいい場合もあります。

 

 

夜勤専門なら一定のサイクルがあるので問題ない?疲れるのは確かです

寝る時間が一定になっていれば、夜型でも朝方でも

問題はありません。

 

本来なら夜はしっかりと寝て、朝は太陽の光ともに

起きるのは健康にはいいのですが、

 

早く起きたり、夜更かししたりなどを不定期にすることは

不健康になります。

 

いっそのこと、夜は起きていて、朝から寝て、

昼過ぎにおきるスタイルになっているのであれば、

 

一定のサイクルが確保されるという点で

睡眠の質は悪くはありません。

 

ただし夜勤は疲れる気がしますね。

 

「会社を辞めたい」という気持ちは、夜勤明けの疲れた体は精神的にもこたえるから?

朝早くからの出勤があるかと思えば、夜勤のシフトになったりするのは

コントロールするのが大変です。

 

なぜなら人は遺伝的要素の為に、

朝方か夜型かのいずれかのタイプに分かれるからです。

 

夜勤明けのすがすがしさというよりも、

疲れた体を引きずる感じ、精神的にも辛いです。

 

会社を辞めたいと思っているのは自分だけじゃないんですよね。

 

朝方の人は夜勤が疲れるので辛い

朝方の人は夜10時に寝て、朝は5時には起きているという

スタイルですから早朝の出勤は問題ありません。

 

ところが、夜勤になると朝方まで仕事をして自宅に帰り、

寝て起きたら昼過ぎか夕方というのは朝方の人のリズムを狂わせます。

 

朝方のリズムが崩れるので睡眠の質が落ちて

疲れるので精神的に辛くなります。

 

 

夜型の人ですら夜勤は疲れる

夜型の人は昼眠くても夜になると目が覚めてくる傾向があるので

夜勤は問題がないようにも思えるのですが、

 

やってみるとわかりますが夜早く寝て、

朝早く起きるリズムがついてないだけで、

夜通し仕事をするのは疲労します。

 

 

大抵の人は生活の為に夜勤と日勤を交互に繰り返す

ライフスタイルをとりながらも会社勤めをするのですが、

 

どうしても一定の期間で会社を辞めたくなる人もいます。

 

恐らく体にとってよくないことを敏感に

察知しているのではないでしょうか?

 

夜勤があるような会社は基本的には忙しくて、

給料も会社の規模もまあまあで、

 

いい会社の場合もあるのでしょうけれども、

収入と健康を天秤にかけると

健康面を重視した方がいいと思います。

 

参考記事⇒佐川急便へ転職した夜勤専門ドライバーに聞いた高給の反面離婚が多い実態?

の記事もご参照ください。

 

家族の為に夜勤をしていたら離婚なんて、

悲しいです。

 

睡眠の質が悪くて疲れるので精神的にも会社を辞めたくもなる?

睡眠は非常に重要です。

 

遺伝性の病気で寝れなくなる病気がありますが、

発病してしまうと死亡します。

 

睡眠があるから寝ている間に脳や内臓など体が休息をとれて、

傷ついたところがあれば修復されるのが

睡眠の意味です。

 

ですから日勤があったり夜勤があったりすることで

寝不足になることは体の疲れが取れません。

 

参考記事⇒カフェイン中毒と夜間勤務に「がん」などの健康被害がある?交代制の深夜勤務にも要注意!

 

疲れるので会社も辞めたくなるのは当たり前です。

 

いい会社なら辞めるべきではないというのが

常識なのですが・・、

 

肉体的に精神的に疲れを感じながらでは

健康面を害してしまうので

会社を辞めるのは1つの選択肢だと思います。

 

ただし冷静に考えることも大切です。

折角頑張って入社した会社です。

 

夜勤があること自体よりも、寝不足などの睡眠の質が

落ちていることが

 

「あー、疲れた会社辞めたい」と思わせている

原因なのかもしれません。

 

深夜労働はガンを招く?

夜勤が体にこたえると感じるのは気のせいではなく、

本来の人間の体のサイクルに反した生活の仕方をすることで、

 

ガンの発症率を高めていることが指摘されています。

 

遅くまで起きている日々を繰り返し、深夜に働くことは、

鉛による汚染や紫外線Aを浴びることと同等の

発がん性要因だというのだ。

そんなバカな、とおもうかもしれないが、

それを事実だと裏付ける科学的なデータは山ほどある。

出典:SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

 

「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」という本では、

質の高い睡眠が病気を治すくらいのパワーがあり、

質の高い睡眠を得るにはどうするべきかの

具体的な方法論が書かれてあります。

 

どうしたら睡眠の質を高められるのか?

身体の不具合は、睡眠障害との関連がないのかが

気になる人には参考になる本です。

 

朝日を浴びながら気持ちよく起きて、

夜は熟睡をするという当たり前の生活をすることは

 

仕事をしていると簡単ではないのですが、

病気にならないためにも、

改善するように心がけるべきことです。

 

睡眠の質を高める飲み物を紹介

仕事を頑張るあまりに、寝不足になって病気になっては

稼いだお金もなくなってしまいかねません。

 

仕事のパフォーマンスを上げるには快眠を確保する必要がありますし、

睡眠の質が高まれば病気にもなりにくくなります。

 

そのための一工夫として、生活の中に健康茶を取り入れてはいかがでしょうか?

甘い香りのハーブティーとして知られる、

「カモマイルティー」には安眠作用がありますので、

安らかな眠りを誘ってくれます。

 

ハーブの香りがイライラなどのストレスを沈めてくれるのですけれども、

薬ではありませんので、

リラックスして、眠りたいというあうかもしれません。

 

もう少し作用が期待できる機能性表示食品がいいという方には、

睡眠サポートサプリ【爽眠α】

がお薦めです。

 

配合されているL-テアニンによって、中途覚醒が減って、目覚めの爽快感が増し、

睡眠の質を改善することが

報告されています。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ