南房総市へ移住した「山のキッチン 東星田 とみぃ」店主は伊予ケ岳の近くで田舎暮らし




南房総市のような田舎暮らしができる場所が

千葉県には多く残っています。

 

移住人気が高い長野県とは違い、やや温暖なイメージで

高く険しい山々はありません。

 

ノーマルタイヤで都内からも安心してドライブができそうな

地域です。

 

伊予ケ岳近くにある「山のキッチン 星田 とみぃ」の店主が移住生活をする

南房総市の観光スポットも合わせてをみていきます。

 

 

「山のキッチン 星田 とみぃ」の場所や住所を地図で確認

「山のキッチン 星田 とみぃ」の住所ですが、

〒299-2203  千葉県南房総市山田938-2

電話番号 0470-28-5508

となります。

 

地図、グーグルアースで確認すると山奥であることがわかります。

北西方向には伊予ケ岳(いよがたけ)があって、南方向には

御殿山があります。

 

またゴルフ好きな人なら「山のキッチン 星田 とみぃ」の北方向には

コスモクラシッククラブというゴルフ場があるので

近くまで来たことがあるかもしれません。

 

南房総市の移住生活が人生の楽園で紹介される

「山のキッチン 星田 とみぃ」は「人生の楽園」でも

紹介されます。

番組の内容は、

1組目のご夫婦は、南房総市でカフェを営む竹沢真由美さん(62歳)と夫の嘉実さん(66歳)です。

福島県で生まれ育ち、上京後、金融機関に勤める嘉実さんと結婚した真由美さん。

幼い頃からの体験で、家族の食事にはなるべく手をかけ、手作りに拘っていた真由美さん。

次第に、自給自足の生活に憧れを抱くようになり、理想の移住先を探し始めました。

そして、南房総市の山頂に近い場所で1000坪ほどの土地を見つけて購入し、移住への準備を始めました。

そして南房総市に家を建て、2004年12月に夫婦で移住しました。

移住後、自分たちを受け入れてくれた地域のために何かしたいと考え、地元の人が気軽に集まれるカフェを開く事に。

近所に土地を借りて、2014年11月「山のキッチン 東星田とみぃ」をオープンしました。

初めは飲み物だけ提供する予定でしたが、周囲からの要望で、ご夫婦が普段食べている自給自足ならではの食事を10食限定で用意するようになりました。
静かな山間で、人々が集まるカフェを営む真由美さんと嘉実さんご夫婦です。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/nextweek/cur/index.html

移住は東京から千葉県への移住です。

また、賃貸では無く土地を購入していることがわかります。

 

移住先を探すときに土地を1000坪も購入するのは

家庭菜園を越えて、本格的な畑仕事ができる広さになります。

 

その意味では単に移住先候補でなんとなく物件を探したという

感じではないでしょう。

 

特に1000坪の土地を購入して完全に所有権を得るということ自体が

なかなか難しいことでもあります。

 

広い土地は地目が畑などになっている場合があるので

畑になっている農地を住宅用地に転用できるのは

一般的には150坪程度までが多いです。

 

 

その意味では一気に1000坪程度の土地を購入できる

物件というのは価値があります。

 

⇒移住すると土地が無料でもらえる北海道の町とは?

 

南房総市の観光スポット=伊予ケ岳~「山のキッチン 星田 とみぃ」

「山のキッチン 星田 とみぃ」の北西側にある伊予ヶ岳は標高336.6mの

小高い山です。

 

伊予が岳から「山のキッチン 星田 とみぃ」までのルート探索をすると

以下のようなルートでアクセスが可能です。

 

 

房総のマッターホルンとも呼ばれていて、

標高が低い割には眺望がいい山ですね。

 

春は南房総市千倉総合運動公園や高家神社で花見をしながら

ドライブがてら、南房総市で移住先を見学するのも

楽しいかもしれません。

 

特に、「山のキッチン 星田 とみぃ」の店主のように

移住体験者の話は信憑性もあるでしょうね。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析