松野有里巳の不育症は子供の出産確率80%!関東の病院を東京 神奈川で紹介!




松野有里巳さんは過去に3度の流産を経験しています。

 

2度以上の流産をする場合には

不育症と診断されて専門医がいる病院で治療を受けながら

不育症を克服して子供を授かる為の治療が必要です。

 

専門医の治療があれば不育症と診断された人の約80%が

子供を授かっているというデータがあります。

 

松野さんが住む東京を中心にして

関東であればどの病院で不育症を治療の相談を

すればいいのでしょうか?

 

 

松野有里巳は3度流産しているが不育症の治療を受けていれば子供が生まれたかもしれない?

松野有里巳さんは3度目の流産をしたときに

不育症と診断をされています。

 

不育症とは2度以上の流産をする場合が該当するので、

病院での治療をせずに

 

3度目の妊娠をしたとしても

不育症であることが原因で流産をしてしまったのです。

 

2度目の流産があった段階で専門医における

不育症の治療を松野さんが住んでいる東京周辺の

関東で専門医に相談すれば

 

子供が生まれる可能性が少しでも

高まっていい結果が出たかもしれません。

 

不育症の研究者がいる関東の病院はどこ?東京都と神奈川県で紹介

厚生労働省も不育症の研究には力を入れています。

 

厚生労働省不育症研究班のメンバーになっている

大学病院の先生に相談することで

 

最先端で最も適切な治療をうけられる可能性があります。

 

厚生労働省不育症研究班の報告では

不育症と診断された80%の人たちが

適切な治療をして子供を授かっています。

 

問題点は不育症の専門医が少ないことです。

 

不育症研究者がいる関東の病院と専門医師は?

厚生労働省不育症研究班のメンバーになっている

先生がいる関東の病院を地域別に列挙します。

東京都と神奈川県になります。

 

東京都 不育症専門医がいる病院一覧

慶應義塾大学医学部産婦人科学 丸山 哲夫

東京慈恵会医科大学産科婦人科学講座 田中 忠夫

日本医科大学産婦人科 竹下 俊行

国立成育医療研究センター病院 周産期診療部 小澤 伸晃

東京大学医学部附属病院女性診療科・産科 藤井 知行

国立保健医療科学院疫学部社会疫学室 佐田 文宏

日本大学医学部産科婦人科学 山本 樹生

日本大学医学部病態病理学系微生物学分野 早川 智

日本大学医学部病態病理学系微生物学分野 相澤 志保子

国立成育医療研究センター研究所 周産期病態研究部 秦 健一郎

 

慶應義塾大学医学部産婦人科学 各務 真紀

東京慈恵会医科大学産科婦人科学講座 川口 里恵

東京慈恵会医科大学産科婦人科学講座 髙橋 絵理

日本医科大学産婦人科学 峯 克也

東京大学医学部附属病院女性診療科・産科 山下 隆博

三井記念病院産婦人科 岩澤 有希

出典:http://fuiku.jp/report/

 

神奈川県 不育症専門医がいる病院

川崎医科大学産婦人科学 下屋 浩一郎

川崎医科大学公衆衛生学教室 勝山 博信

杉ウイメンズクリニック不育症研究所 杉 俊隆

出典:http://fuiku.jp/report/

 

以上が関東の中でも東京都と神奈川県の不育症研究班の

メンバーになっている研究者がいる病院です。

 

埼玉県や千葉県にも不育症に対応できる

先生はいらっしゃると思いますので、

 

一旦、上記リストの病院に相談をしてみてから紹介状などを

書いてもらとよいかもしれません。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析