生島ヒロシの様にライザップでリバウンドせず失敗しない方法とは?




生島ヒロシさんは毎朝平日のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」に

朝5時~6時30分まで出演して

よくライザップの宣伝をしています。

 

生島ヒロシさんによるとリバウンドしない

筋肉質の体になったと言っています。

 

折角、高額なライザップでダイエットをして

筋肉質な体を手に入れたのですから

失敗しない方法を考えていきます。

 

 

ライザップでダイエット成功した生島ヒロシさんが実践した方法とは?

生島ヒロシさんはライザップで肉体改造をして、

体重が68.5㎏から2か月で59.4㎏になり

ダイエットが成功しています。

 

生島さんの身長は160.01cmですから、

 

ライザップを始める前はBMIが26.72で

25を超える肥満体型です。

 

お腹がポッコリ出ていました。

 

ライザップを終えたあとは、BMIは23.20になって

肥満が解消して、

お腹の出っ張りがなくなり筋肉質のからだになりました。

 

生島ヒロシさんはライザップ成功者の例で、森永卓郎さんへも

ライザップを薦めた人です。

 

そして、「生島ヒロシのおはようラジオ」では

太りにくい体を手に入れたと語っています。

 

その理由は体が筋肉質になると

代謝が良くなってエネルギーを消費しやすくなるからで

 

ただ体重を減量するだけのダイエットよりは

リバウンドしにくい方法だからです。

 

ライザップのダイエット方法とは?

ライザップで筋肉質の体をつくるメニューは

筋トレを行うことと食事制限によって

 

筋肉を作りやすく、脂肪を減らすダイエット方法との

組み合わせです。

 

筋トレはトレーニング中にオヤジのうめき声が聞こえるほどです。

 

ライザップのダイエットと筋肉をつける食事方法とは?

マンツーマンでライザップに通っている間は

どんな食事をしたのかをトレーナーへ

報告する必要があります。

 

トレーナーは食事の内容について

糖質が多いとか、脂質が多いとかを

フィードバックして改善を求めていきます。

 

糖質と脂質は多いと注意を受けますし、

筋肉を作るたんぱく質については豊富にとると

褒められます。

 

 

生島ヒロシが指導された具体的なライザップ式ダイエットの食べ物とは

  • 筋肉を作るたんぱく質を多く摂取する
  • 糖質制限ダイエットで炭水化物は取らない
  • 脂質の取りすぎもダメ
  • ライザップ指定のプロテインの摂取

ライザップのダイエット方法をまとめると以上の様になります。

 

ライザップ終了後リバウンドしてダイエットが失敗する理由は?

ライザップで筋肉質の体を手に入れてダイエットにも成功しても、

その後の生活の仕方によってはリバウンドをして

ダイエットが失敗に終わることがあります。

 

筋肉質の体を作っているので簡単にはリバウンドも

起きにくいですが、失敗する要素とは何でしょうか?

 

ライザップ終了後リバウンドする例は糖質ダイエットのセルフコントロールできない失敗

ライザップを完了すると専属のトレーナーが不在になります。

ライザップに通っているときは食事にしても

 

きめ細かく糖質ダイエットをするように

フィードバックされますが、

 

自分の意思で意識的に糖質ダイエットを

行う必要があります。

 

糖質というのは糖分が豊富な

果物やお菓子からはじまり、

 

ごはんなどの炭水化物なども含まれます。

 

甘いものは美味しいものが多いので、

糖質を抑える生活が自分一人でできない人は

リバウンドをしてダイエットが失敗に終わります。

 

 

ライザップでリバウンドしてしまうのは、

糖質コントロールだけではなく

 

マーガリンを食べるよりもチーズに変えるなどのように

脂質のダイエット制限もセルフコントロール

していく必要があります。

 

ライザップを始める前の様に

好きなだけ脂質をとってしまうと、

 

体脂肪率が再度上昇してしまいます。

 

森公美子さんはライザップによるダイエットは行っていません。

 

ダイエット方法は違いますが、

森公美子さんの体重がリバウンドしてしまうのも糖質、脂質ダイエットの失敗

とライザップ式ダイエットにある体に

筋肉をまとう方法ではないからなのしょうね。

 

 

ライザップでリバウンドをして失敗しないためには?

リバウンドを防ぐにはライザップのダイエット方法が

ライザップでのトレーニングを完了した後も

自分でも継続できるのかをよく考えましょう。

 

ライザップ式の食事制限はどのようなものか?

を事前に説明を受けて、

 

セルフコントロールが継続できるのか

をよく考えた上で入会すればリバウンドをしてしまう

失敗は避けられるでしょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析