小林麻央 冷え性や低体温を改善せず後悔!漢方生薬で乳がんや病気予防を



小林麻央さんは闘病生活の中で、

健康管理に対する意識が高まっています。

 

ブログでは鼻炎、冷え性低体温が闘病生活前よりも、

改善していると語っています。

 

体調が改善しているわけですから、ステージ4とはいいながらも、

最後の最後で乳がんから奇跡的に回復する可能性が

あると個人的に信じています。

 

麻央さんは、読者に向けて、低体温や冷え性などがあったら

十分ケアするべきであると

伝えてくれているように感じます。

 

乳がんやその他の病気を予防する意味でも、

冷え性がある場合には、体を温めるような

漢方生薬を食事に取り入れることが有効なのです。

 

 

小林麻央さん冷え性、低体温を改善せず乳がんなったことを後悔か?

小林麻央さんのことを日本中の人たちが

「麻央ちゃん大丈夫?」と

心配しているかと思います。

 

小林麻央さんがブログで発したメッセージでは、

冷え性、低体温という何気ない症状に

しっかりとむきあっておけばよかったと

現在の乳がんの闘病生活2年間を経て

後悔の念をにじませています。

 

小林麻央さんは泣いたり、笑ったりすることが

免疫力アップになるとも語っているように、

 

免疫力アップをしてがんと闘おうとしています。

 

そして、免疫力をアップさせる要素の1つが

体温を上げるということなのです。

 

がん細胞は、39.3度で死滅して、

35度でもっとも活性化し増殖するといわれます。

 

平熱が35度台の低体温である場合は、

冷え性でもあるでしょうし、風邪もひきやすいでしょう。

 

その理由は抵抗力、免疫力が低下している状態であるからです。

 

その意味で、小林麻央さんが発した

「冷え性、低体温という何気ない症状に

しっかりとむきあっておけばよかった」

 

という言葉は病気を予防する意味で

非常に大切なことなのです。

 

参考記事⇒子供の低体温が急増で平熱35度台!改善しないとがんや病気の原因に!
もご参照ください。

 

冷え性、低体温を改善せず後悔!体を温める漢方生薬は?

 

体温が高い人、暑がりの人は病気になりづらいですし、

風邪もひきにくいものです。

 

冷え性や低体温の人は、日常生活の中で体を温める心掛けをする必要が

大切です。

 

体を温める食材は?漢方薬の専門家が書いた本「体を温めると病気は必ず治る」を紹介!

私たちが日常食事として取り入れている食材には、

漢方の考え方では

 

  1. 体を冷やす食べ物、
  2. 体を温める食材
  3. 中立的な食材

という風に分類できます。

 

冷え性や低体温の人が特に心がけるべきは、

体を温める食材を中心にして

食事をすることです。

 

多くの食材があるので全部ここで紹介できませんけれども、

人参、りんご、小豆(あずき)・・・等

 

小林麻央さんも取り入れている食材は体を温めてくれるのです。

 

どのような食材が東洋医学的に見て体を温めると

考えられているのかを

イシハラクリニック医院長の石原 結實 医学博士が

【「体を温める」と病気は必ず治る】という本で

解説しています。

 

 

女性、男性に限らず、ちょっと寒がりかな?

冷え性かもしれない、平熱が低い傾向である

という方には、石原先生の本はどれか1冊

手元に置いて活用することをお薦めします。

 

漢方薬の生薬としても活用されるもので体を温めるものは?

漢方生薬で最も活躍しているのは生姜(しょうきょう)です。

 

生姜はダイエット食品としてもよく紹介される理由は

体の内部から温めて、気、血、水の流れをよくするためです。

 

生姜と並んで最近注目されているものに

ヒハツという漢方生薬があります。

 

ヒハツは胡椒として毎日の食事に振りかけて

活用するだけで体がポカポカ暖かくなるのが

実感できます。

 

参考記事⇒漢方生薬 ヒハツでゴースト血管が改善!スーパーで購入するには?
をご参照いただき活用していただければ、

病気の予防、若返り効果が期待できるのでは

ないでしょうか?





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析