夏樹静子さん腰痛で葬儀をあげていた!仕事のストレスが心身症を発症することを警告してくれていた!



「Wの悲劇」で有名な作家の夏樹静子さんが

心不全のために2016/3/19にお亡くなりになりました。

 

葬儀は3/25正午からユウベル積善社福岡斎場(福岡市中央区古小烏町70の1)で

で執り行われます。

 

夏樹静子さんは過去に仕事のストレスによる

腰痛で葬儀をあげてました。

 

 

夏樹静子さんの著書「椅子がこわい―私の腰痛放浪記」で仕事のストレスを告白!

夏樹静子さんはミステリー作家として有名なのですが、

作家として活動をしながらも、腰痛に長年悩まされてきた

 

体験があります。

 

腰痛が完治するまでの体験談を綴ったのが

椅子がこわい―私の腰痛放浪記

(1997年6月 文藝春秋 / 2000年6月 文春文庫)

という著書です。

 

本の内容は時間があれば図書館にいけば

読めると思います。

 

結論から言えば、

作家として活躍する夏樹静子さんは長年

 

腰痛に苦しんで

ありとあらゆる治療法を試みるのですが

全く効果がありませんでした。

 

仕事のストレスからくる心身症かもしれないと

夏樹静子さん自身が受け入れて

 

心療内科で治療を受けたところ、

腰痛が完治してしまったということです。

 

作家という特殊な仕事で原稿の締め切りがあったり、

作家として妥協をせずにできる限りの良い作品をと

作家業を極めていくことは第三者がみれば大変な作業です。

 

夏樹静子さんにとっては

知らず知らずのうちにストレスになっていたなど

本人が全く気が付かなかったという点も驚きです。

 

ましてや、夏樹さんは作家として人間の心理を

理解することには長けていました。

 

夏樹静子さん自身が作家業を行うことが

ストレスを抱え込んでいるかいないかは

わかりそうなものですが

自分のことは簡単には見えないのは作家も同じなんですね。

 

夏樹さんが体験したまさかの腰痛の原因が

仕事のストレスからくる心身症だったとは?

 

夏樹さんが体験したことを腰痛で苦しむ人たちに

役立ててもらいたいという願いから

本は出版されたのでしょう。

 

腰痛が治らない人は一読の価値があるかも

しれません。

 

夏樹静子の心療内科での葬儀で腰痛が治った!

夏樹静子さんは肉体的な死を心不全が死因で

葬儀が行われることになりました。

 

夏樹静子さんが過去に腰痛を完治させた体験は

心療内科での治療でした。

 

夏樹静子という作家業が夏樹静子さん自身に

精神的なストレスを与えていたと考え、

医師は「夏樹静子さんの葬儀を提案しました」

 

葬儀を行うということは腰痛治療をするうえで

ストレスからの解放をするという意味での儀式だったわけです。

 

20年以上苦しんで、椅子に座ることもできない位に

腰痛がひどい症状が

 

作家の仕事をする夏樹静子さんの葬儀を行った後、

治療を継続して腰痛が完治するという

奇跡が起こっています。

 

腰痛といえば腰がダメージを受けているのかと思えば、

意外にも脳から腰にかけて神経が走っていますから、

ストレスも関与することがあることを体験として

証明してくれました。

 

その後夏樹さんは

2003年に「心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す

とうい本を出版していています。

 

この本もミステリーではなく、

腰痛治療の体験談としての続編です。

 

心身症の症状は心臓にも影響が!夏樹静子さんは仕事のストレスと闘っていたのか?

夏樹静子さんは77歳とまだお若い年齢で

人生を全うしました。

 

腰痛が治った後も作家として活動をしていました。

心身症の症状は腰痛ということは珍しくて、

狭心症や不整脈の症状がでたり、

心臓に影響することもわかっています。

 

作家という仕事のストレスは

夏樹静子さんの心臓へ影響を与えていたのかもしれません。

 

正に、命がけの人生を全うしたと

いえるのでしょう。

 

⇒直腸がんで亡くなった北の湖理事長の葬儀には生き様が表れました。

 

多くのファンから惜しまれる夏樹静子さんの葬儀にも

生き様表れるのでしょうか?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析