焼き梅干しのバニリンとムメフラールにダイエット効果!「林先生が驚く初耳学」で紹介



梅干しに含まれるバニリという成分には、

ダイエット効果、痩せる効能があるといわれています。

 

テレビ番組「林先生が驚く初耳学」では、

焼き梅干しには特に、

ダイエット効果が増強されることが紹介されます。

 

特に梅を煮詰めたときにできる梅エキスには、

血流をよくするムメフラールという物質も

発生することが分かっています。

 

林先生が驚く初耳学で焼き梅干しにダイエット効果があると紹介!

TBSテレビ「林先生が驚く初耳学」では、

焼き梅干しのダイエット効果が紹介されます。

 

1日焼き梅干しを3個毎日、

食べるとダイエット効果があることが

紹介されています。

 

どうして、梅干しにはダイエット効果があるのでしょうか?

梅干しのバニリンにダイエット効果の秘密がある!

大阪河崎リハビリテーション大学中村美沙教授(理学療法学専攻)

と和歌山県立医科大学 宇都宮 洋才准教授らの梅の効能についての

共同研究を行っています。

 

研究結果によると、梅干しに含まれるバニリンという成分は

人間の脂肪細胞を小さくする効能があることが

わかっています。

 

梅干しを毎日2個食べる人と梅干しを全く食べない人では、

BMIに2ポイントもの違いがあったことが

調査結果として報告されています。

 

簡単に言えば、梅を毎日2個食べていれば、

食べない人に比べて、

 

BMIで2ポイントダイエットできるかもしれないという

ことになりますね。

 

梅にはクエン酸などが豊富に含まれていますし、

健康食品であることは知られていましたけれども、

 

痩せる効果もあるとは!

 

梅についての研究は和歌山県産の高級ブランド梅

「南高梅」の存在も大きいのでしょう。

 

焼き梅干しはよりダイエット効果が高くなる!和歌山県産の梅干しの研究結果

読売テレビ(日本テレビ系列)「解決!ナイナイアンサー」より、

本校物質工学科 奥野 祥治(おくの よしはる)准教授が取材を受けた。

 「ラクやせダイエット 梅干しの効果」と題した番組で、

梅の研究の第一人者として、奥野准教授が梅の研究結果について説明した。

梅干しをレンジで一分間加熱することによって、

脂肪燃焼効果のあるバニリン成分が20%アップし、

しかも味も変わらず、冷めた後も効果が変わらないことが近年の研究でわかったという内容で、

奥野准教授の実験の様子やインタビュー映像とともに、5月10日(火)21時より全国放映された。

 放送後には、和歌山県の梅干関連の会社に電話が相次ぎ、

本校にも問合せの電話が来るなど大きな反響を呼んでいる。

出典:奥野准教授 TV取材を受ける

 

焼き梅干しとは、梅干しをレンジで1分程度温めたものをいいます。

注意点は過熱し過ぎないことです。

 

梅干しに豊富に含まれるクエン酸は熱に弱いためで、

せっかくの栄養が失われてしまいます。

 

和歌山県で栽培された梅を使っての研究結果ですから、

産地や梅干しの作り方によっては違いがでることも

あり得ますので注意をしてください。

 

焼き梅干しにはムメフラールが発生することもダイエットの効能に

梅干しを過熱して煮詰めたときにできる

梅エキスには血流をよくする効果があることが分かっています。

 

梅エキスが血流を改善する効能成分としては

ムメフラールをはじめとする

ヒドロキシメチルフルフラール有機酸エステル類が知られています。

これら成分は梅の果肉に含まれているものが、

加熱する過程で発生します。

 

ですから、梅を電子レンジなどで加熱した時の

梅エキスも捨てずにいただくことが

大切ですね。

 

 

 

血流をよくすることも、新陳代謝を促すことになりますから、

焼き梅干しがダイエット効果には、寄与していることが分かります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析