ショーンKは復帰して、日本の経歴重視社会を変えよう!学歴詐称がなんだ!




ショーンKさんが、学歴詐称だとか、

世論は嘘つき呼ばわりしています。

 

 

ショーンKさんは高学歴をアピールしたり

経歴をひけらかすような

活動はしてきていません。

 

J-WAVEのMAKE IT 21も放送が中止されて、

大変残念でした。

 

ショーンKさんは復帰をして、

学歴だとか経歴だとか履歴書だとかあまりにも

実力とは関係ない過去の経歴重視の

社会を変えていって欲しいものです。

 

 

ショーンK  なぜ涙ながらに謝罪する必要がある?たかが学歴詐称でしょ!

ショーンKさんが、2016/3/19のJ-WAVEで

謝罪をしたというのですが、

 

ショーンKさんが何か犯罪でもしたと言うのでしょうか?

過去の学歴などを詐称したということだけが

強くアピールされすぎています。

 

ショーンKさんも過去の担当する番組で

「日本はどうしても一方通行的な批判をしすぎる傾向がある」

 

と指摘していたように、今起きている

学歴詐称問題には時間が経過すれば

 

批判熱も飽きるさと

冷静に構えていてほしいです。

 

ショーンk氏の番組をつまらないと感じている人や

ショーンKのコメント力を評価できない人たちが文春の記事に

うまく乗って批判をしているだけにすぎません。

 

少なくとも私はそう感じています。

 

ショーンKさんは、日本のメディアの一方通行になりがちな

論調の在り方を是正するための活動をしてもいいのではないでしょうか?

 

公に認められた学歴は実際に存在しなかったかもしれません。

学歴詐称といわれるのも仕方ありません。

 

その意味ではショーンKさんが謝罪をするのも当然だったでしょう。

 

ただし、ショーンKさんのこれまでのDJ、コメンテーターとしての

力量や活動を否定されるものではありません。

 

涙ながらに謝罪をしたショーンKさんに対する

批判は強すぎはしませんか?

 

ホリエモンだって、東大中退であって、学歴はは高卒です。

東大卒業ではありません。

 

ホリエモン曰く、

「東大というブランドを手に入れたから卒業する必要なんてない」

位のことを過去に発言しています。

 

本気かどうかは別として、学歴があったからどうなのって感じです。

ホリエモンは東大卒業していれば

もっと実力が発揮できたのでしょうか?

 

関係ないでしょうね。

 

学歴や経歴で人を判断するのはやめよう!ショーンKは社会の風潮に迎合するな!

東大生が本当は東大に在籍していると

色眼鏡で見られるので他大学の名前をかたることが時折あるようです。

 

酔っ払いのオヤジが電車の中で外国人の学生に絡んでいるシーンを

みたことがあります。

 

酔っ払いのオヤジ:「お前何処の大学だ?」

外国人学生:「白山にある大学です」

 

酔っ払いのオヤジ:「なんだ、東洋大学か?」(外見で判断したらしい)

外国人学生:「TOKYO UNIVERSITY」

 

東京大学と聞いた瞬間にオヤジは、

「俺なんか、三流大学だもんな」

と学生に絡んでいた勢いがなくなってしょぼくれていました。

 

人を外見で判断したり、逆に、人を

学歴や経歴を聞いて見方を変えてしまう典型例です。

 

日本人の大抵は酔っ払いのオヤジのような

態度をとる人が多い気がします。

 

ショーンKは日本の学歴や経歴を重視する風潮に

迎合する形で学歴詐称などをしたのかもしれません。

 

虚偽表示はよくないことですから、

あらためればいいことで、

これまで通りのショーンKのキャラクターのまま

十分支持は得られると思います。

 

スポンサーはショーンKを学歴ではなく実力で評価して番組に復帰を!

テレビやラジオの番組スポンサー企業も

企業イメージを損なうなどの判断は

 

今目先的にはあります。

ただしこれも、いずれ沈静化します。

 

ショーンKは高卒ですが、実力を見て

視聴者が評価していることでショーンKには

復帰してほしいです。

 

J-WAVEのMAKE IT 21のスポンサーは

大和証券です。

 

大和証券は日本株式などを取り扱う証券会社です。

 

大和証券は日本株が不当に安く売られていても

企業が持つ底力を評価しているではないですか?

 

他人がダメだと言っても、よくよく、

調べれば調べるほどに

ショーンKの実力と復帰について

強気を増していくと思いますよ。

 

高卒のショーンKによる「J-WAVEのMAKE IT 21」再開を希望します。

 

他の企業スポンサーはどうかはわからないのですが、

大和証券なら理解してくれると信じたいですね。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析