理学療法士が職場で抱える不安や悩みとは?収入それとも恋愛?




理学療法士は国家資格でクリニックや病院の

整形外科などのリハビリのニーズが高いので

やりがいのある素晴らしい仕事です。

 

理学療法士の知識とスキルを患者さんの

痛みの不安悩み解消することで

感謝されながらお給料がいただけます。

 

ところが理学療法士は転職する傾向が高く、

仕事や収入、恋愛の悩みや不安が尽きません。

 

 

就職の不安を解消するために国家資格 理学療法士になるも転職が多く仕事上の悩みが多い!

平成不況が長く続きすぎたせいで、

進学するにも就職をするにも

 

資格を取得できるコースを選んで

資格を生かせる職業につこうとする傾向が強い気がします。

 

将来に対する漠然とした不安の表れです。

 

不安を解消するためには理学療法士のような国家資格を

取得して医療関係の仕事をすることが

経済的な悩みや不安を解消する手立てだと考えられている気がします。

 

ところが、理学療法士は資格を保有するせいなのか

どこでも務められるという発想があるせいなのか、

 

転職する人が多いです。

 

私がリハビリに通っていた某クリニックでも人がどんどん

入れ替わるのが分かりました。

 

因みに理学療法士はクリニックだけではなく、

資格や知識を生かして、

 

ELTボーカル持田香織さんと結婚したスポーツトレーナー

になることもあります。

 

理学療法士はなり手が多くて収入は必ずしも十分ではない?収入面での悩みも!

 

ある理学療法士は

給料が安いんですよ

と収入に対する悩み、不満をこぼしていました。

 

しかも、まだ20代半ばの若い女性なのに

夢中になって仕事に取り組んでいるのに

見返りが少ないと感じているのでしょうか?

 

それから少しして理学療法士の女性は

転職していきました。

 

独身で独り暮らしで賃貸アパートを借りて通勤する生活から、

実家に戻って、実家から通勤できるクリニックへ

転職です。

 

リハビリの腕がよかっただけに残念でした。

 

仕事のハードさと収入面は一人暮らしの

女性には過酷だったのでしょうか?

 

仕事に真摯に取り組む理学療法士の悩みとは?

理学療法士の悩みの1つはリハビリを施すのですが

患者さんの症状は簡単には良くならないことです。

 

また、患者さんからの評価が得られなければ

感謝してもらうこともありません。

 

クリニックによっては理学療法士が何人もいて

指名制のところがあります。

 

専門学校や大学で学んだことを生かして

実践的な技術を先輩から学びリハビリを行うのですが、

 

患者さんから支持されない、あるいは、

治療効果がなかなか上がらないことで

 

技術面や治療の理論について悩みます。

 

本当に極めようとする考えがある人は

一旦正社員での仕事を辞めて

大学院などへ進学することでバイトをしながら

学びなおす人もいるくらいです。

 

関節や筋肉の動きなどは複雑ですから、奥が深い

仕事です。

 

技術の向上という意味では恐らく退職するまで

永遠に続く学びが必要な仕事が理学療法士です。

 

理学療法士が働く職場は恋愛の不安や悩みもあった!

理学療法士が働くクリニックや病院は男性だけの職場というよりも

比較的女性も活躍する職場です。

 

ある男性理学療法士は職場の同僚の女性の将来に対する

不安や悩みを聞いてあげていました。

 

女性は病院内では理学療法士はなく看護師の

仕事をしていたのですが、夫もいました。

 

男性の理学療法士は

夫もいる看護師の悩みを聞いているうちに

不倫関係に陥り、

 

本気になった女性看護師は夫と離婚をしました。

 

悩みを聞いてくれていた理学療法士の男性とは

年齢は10歳も年上の女性看護師は

 

正式に離婚をして結婚したいと

理学療法士の男性にうちあけたのですが・・・。

 

理学療法士の男性は罪悪感や不倫を

提訴される可能性もある不安を抱えて、

 

不倫から始まった

同僚との交際を辞めてしまいました。

 

理学療法士は患者さんの怪我や病気についての

不安や悩みを聞くことも多い仕事ですが、

 

職場の同僚の不安や悩みを聞かされるケースも

あるのでしょう。

 

日本で終身雇用制度は崩壊して、

民間企業は大手でも場合によっては経営の危機に

直面することがあります。

 

そのような状況化で安定を求める気持ちには

将来に対する不安があって、

 

不安を解消するために選んだはずの理学療法士です。

 

親の介護疲れや貧困のせいで悩んでいる人たちが事件を起こす

ことがないように

家族の負担を軽減する手助けにもなる立派な仕事です。

 

自らが不安や悩みを職場でため込むことがないように

職場環境を改善していくべきでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析