「オルト-トルイジン」の膀胱がんリスクは工場内だけではない!工業団地隣接集落へ飛散の可能性はないか?




オルト-トルイジン」を取り扱う工場で化学物質を取り扱う社員が

膀胱がんを発症していた原因は

 

防護マスクをしないで作業をした時期があったために、

空中に舞い上がった発がん性物質を吸い込んだ可能性や

 

作業員が保護手袋をせずに化学物質を触ることで

皮膚から吸収された可能性があることがわかってきました。

 

工場がある工業団地の外部に「オルト-トルイジン」の粉塵が外部に飛散した

危険性はないのでしょうか?

 

テクノポート福井と呼ばれる工業団地近くに住む人たちの健康状況について

調査をするべきです。

 

 

「オルト-トルイジン」を取り扱っていた化学工場がある場所は工業団地内で住宅はないが飛散リスクはないのか?

「オルト-トルイジン」を他の化学物質と反応さっせて染料の元を作る工場があった場所は

福井県福井市白方町テクノポート3-3-7

という住所です。

 

地図で見ればわかるのですがキャノンファインテックなどの

工場が立ち並ぶ日本海に面した「テクノポート福井」と呼ばれる

有名な工業団地です。

 

工業団地内というのは基本的に、

準工業地域か、工業地域、工業専用地域のいずれかに

立地しています。

 

町工場は準工業地域にあり、

工業地域には工業団地があり、

工業専用地域にはコンビナートなどがあるような

イメージですね。

 

 

工業専用地域には人が住む住宅は建てられないことになっています。

 

ただし工業団地内には住宅はなくても工業団地に

隣接する場所には住宅が建っています。

 

化学物質「オルト-トルイジン」を取り扱っていた工場がある

地域について周辺に住宅が建っている集落があるのが気になります。

 

工業団地周辺地域は風向きによって悪臭がすることが多い!「オルト-トルイジン」が周辺地域へ飛散した恐れはないか?

「オルト-トルイジン」を取り扱っている工場の西側には日本海があります。

東側にはすぐに隣接はしていませんが、

 

緑地帯や道路を挟んで、同じ白方町という地名で

住宅がある集落がありあります。

 

工業団地の周辺を歩くと風向きによっては工場から出る

悪臭がすることが時々あるのですが、

この工場がある地域ではどうなのでしょうか?

 

日本海からの強風によって工場団地から排出された

有害物質が空気中に飛散してくることはないのでしょうか?

 

例えば、

PM2.5は風に乗って海を越えて中国から飛散してきている例があります。

 

現在は工場内で膀胱がんを発症した人がいて、

化学物質との因果関係が調査されています。

 

近隣住民でも一定の地域に限って

膀胱がんの発症率が高い場合には

 

空気中や地中への化学物質の濃度を調査する必要が

あるのではないでしょうか?

 

非常に微量な「オルト-トルイジン」だとしても、

一般住民はマスクなどの防御がありません。

 

目や皮膚からオルト-トルイジンを吸収して膀胱がんを発症するリスク

があるのではないでしょうか?

 

健康被害があるようであれば、

住民側からの調査依頼を市役所などへ依頼するべきでしょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析