バリウム検査の副作用を理由に拒否するべき危険性とは?



会社勤務をして入ればありがたいことに、

健康診断の受診義務があります。

 

健康診断のメニューは最低限のものから、

オプションでバリウム検査も一定の年齢以上になると

行う場合があります。

 

最近はバリウム検査による事故の発生や

放射線の被爆によるリスクが

 

聞かれるようになりましたので

副作用や危険性を考えて

健康診断のオプションであるバリウム検査については拒否してしまうのも

1つの考え方になります。

 

 

バリウム検査を拒否したくなる事故の発生事例とは?

バリウム検査では発生率は非常に少ないのですが、

事故が発生して

 

健康診断のせいで、健康を害したり、

場合によっては死亡事故もあります。

 

落下して死亡した事故はバリウム検査のやり方の問題です。

落下する危険性のことであれば、

 

注意すればいいだけなのですが、

怖いのはバリウム検査による副作用です。

 

拒否しておけばよかった?バリウム検査の副作用は体調不良や病気にも!

バリウム検査では被爆することも

健康被害を中長期的に起こすリスクです。

 

短期的にも、バリウム検査直後

体調不良を訴える例があります。

 

バリウム検査後に虫垂炎になった例もあるので、

バリウム検査を拒否しておけばと思うような例が

検査直後に発生しています。

 

バリウム検査の副作用として、被爆は発がんの原因にも?

バリウム検査による被爆は検査時間が長いことで

被爆量が多めであることが心配な点です。

 

胃がんを発見するためにバリウム検査をするのですが、

バリウム検査の副作用で発がんするなど

本末転倒ですから。

 

 

バリウム検査ではなく内視鏡検査は

医師の検査能力が十分であれば事故のリスクは小さくて、

 

バリウム検査の様に放射能は浴びる必要はありません。

 

内視鏡検査も事故があるのですが、

いずれにしても、バリウム検査がファーストチョイスではなくて、

いろいろな方法が選べる方がいいでしょうね。

 

⇒ヒジキが含有する無機ヒ素に発がん性があるので注意!

 

ピロリ菌の感染がない人はバリウム検査拒否が正当な理由とは?

 

特に胃がん患者の99%がピロリ菌に感染している

ということもわかってきました。

 

ピロリ菌への感染がないことを証明できている人は

胃のバリウム検査は拒否しても

 

胃がんをバリウム検査で発見できなかったと

悔やむリスクは1%もないのが実情ではないでしょうか?

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析