星景写真を東西南北の夜空に分けて画像まとめ!




星景写真とは、星空と風景とを一緒に写真に写し込んだ

写真を言います。

 

星空は夜空西の空、の夜空、の夜空によって

星景写真の見え方が違っています。

 

Twitter画像でみていきます。

 

 

星景写真を東西南北の夜空で撮った場合を確認!

星景写真を撮るときに望遠鏡とカメラで星空を撮影するときには

一定の方向に向ける必要があります。

 

東西南北の方角別に夜空の星の見え方を

整理していきます。

 

星景写真 東の夜空 画像

東の夜空を撮影するときにカメラを固定すると

星が動いているのが撮影できます。

 

星景写真がどのように映るかTwitterで画像を確認します。

東の空の場合は、右上方向に星が昇っていくのが

わかります。

 

赤道儀を使ってカメラを星の動きと一緒に動した場合の

東の空の画像は次の様になります。

 

星景写真 西の夜空 画像

西の空は星も太陽と同じように沈む方向です。

つまり、カメラを固定して撮影すると

見え方は右下に移動するように写真には写ります。

やはり赤道儀を使って星の動きと同じようにカメラを

動かしながら撮影すると星が固定して綺麗に撮影できます。

 

星景写真 南の夜空 画像

南の空は半円形を形成するように

星が東の空から西の空へ移動していくように見えます。

 

やはり星の動きに合わせてカメラをうごかすと

星が固定した星景写真が撮れます。

 

星景写真 北の夜空 画像

北の空は北斗星を中心にして

回転しているように映ります。

 

 

グルグル回ってるのが良くわかります。

カメラを星の動きに合わせて回転させれば

北の空の写真も綺麗に固定した画像が撮影できます。

撮影する場所が戸隠高原というのは格別にきれいです。

 

星景写真が綺麗に撮影できる場所は?

星景写真を綺麗に撮影するにはやはり

明るい街中でとるよりも星空が純粋に綺麗に

見える場所がいいです。

 

つまり、星空の写真と風景は市街地の夜景を

合わせたような星景写真は綺麗でしょうけれども、

 

星空の美しさが街の明かりの為にやや

トーンダウンするでしょう。

 

星の明かりで周囲の景色が綺麗に見えるような

真っ暗な明かりの無い大自然の中で

撮影するのがポイントでしょう。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析