山口県防府市のラーメン店「いなか屋」は徳地の山奥に!メニューや料金は?



テレビ番組「沸騰ワード10」では、美味しいラーメン屋さんが

都内と山口県にある山奥の秘境にあるお店が紹介されました。

 

都内での一番人気としては、新宿の「やまぐち」が紹介されましたけれども、

スープは4種類の鳥を使っていることが紹介されました。

 

一方で、山口県防府市の最寄駅から22㎞もある

山奥にあるラーメン店「いなか屋」も

 

スープを作る際に鳥を使っていたのですけれども、

鳥を1羽丸ごと使うという本格派でした。

 

具体的に、行列ができる山口県防府市徳地

ラーメン屋の美味しさの秘密について、

見ていきます。

 

 

山口県防府市徳地にある山奥で行列ができるのラーメン店「いなか屋」が沸騰ワード10で紹介!

防府駅から徳地にある「いなか屋」までの地図は以下の通りで、

車で、22㎞も先にあることが分かります。

沸騰ワード10では、加藤諒さんがレポーターを務めたのですけれども、

最寄り駅の防府駅で下車して、

 

1時間に1本もないくらいのバスに乗りついで、

終点でおり、さらに徒歩で50分ほど歩いたところに

北九州、神奈川県など県内外から来店した

人たちで店内は大盛況でした。

 

山奥までラーメンを食べに行く美味しさの秘密も

レポートされています。

 

「いなか屋」のラーメンの美味しさの秘密はやはりスープの素材に!

いなか屋のラーメンの美味しさの秘密は、

スープを作る素材にもありました。

 

鶏肉を使うというのではなく、鳥の毛を抜いた状態の

丸ごと1羽を鍋に投入しています。

 

さらに、野菜も6種類投入されているのですけれども、

できる限り、所有する畑で栽培した

自家製で取れたての新鮮野菜を使っているという

ことなのです。

 

鳥も飼って、自宅でさばくなら、

より鮮度が高く美味しさ倍増でしょうけれども。

 

ちなみに、スープ作成に利用される6種類の野菜ですけれども、

映像では6種類見えるのですが、

 

明確にわかったのは、

  1. キャベツ
  2. 玉ねぎ
  3. 長ネギ
  4. 人参

でした。

 

あとの2つについては、にんにくのようにも見えるし、

生姜のようにも見えるのですが

判然としません。

 

和風のカツオなどの出汁で4時間も煮込んで出来上がりです。

 

いなか屋店主は元洋食店シェフ!

店内でいなか屋のラーメンを食べる人たちの声は、

洋風なんだけど、スープがあっさりしていてコクがある

深みがあってすっきりしているといったものです。

 

鳥の丸を使った調理法はもともとフランスでブイヨンスープを作る作り方なのですが、

いなか屋の店主山下さんは元洋食店のシェフだった経歴が

あったことも、

田舎の山奥で素材の良さを引き出すのかもしれません。

 

徳地にある「いなか屋」のメニューや料金は?

番組でも紹介された

いなか屋特製らーめんセットは料金が1000円です。

 

その他のメニューとしては

 

あっさりラーメンセット ¥850~

おはしで食べる国産和牛ステーキセット ¥2,000(スープ、サラダ、ライス、コーヒー付)

とりのからあげ ¥500

 

などがあります。

 

いなか屋 アクセス先

所在地:山口市徳地深谷598

営業時間:11:00~15:00

定休日:水曜日(但し、祝祭日の場合は営業致します)

TEL:0835-52-1016

FAX:同上

 

いなか屋では、自家製野菜の販売や、

自家製のお米の販売もしています。

 

せっかく遠方から行くのであれば、

米や野菜を買いに行くという目的もあると、

一石二鳥ですね。

 

なぜ、徳地の山奥なのか?

徳地に畑や自宅があるからといえばそれまでなのですけれども、

 

店主は、老後の楽しみとして、自宅を改装して3年前の2013年に

開業してみたら、思いのほか

繁盛してしまったということですね。

 

農家ができて、料理ができる人なら、

地方の田舎にもチャンスがありそうですね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析