膀胱がんの原因を漢方で考えると目と皮膚からオルト―トルイジン以外の発癌物質吸収リスクが!



オルト―トルイジンなどの発がん性物質を扱う福井県の化学工場で

新たに膀胱がんを発症した従業員がでました。

 

何が原因で膀胱がんを発症したのかはこれから

原因を究明する段階です。

 

 

漢方医学の1つ鍼灸の経絡で考えると

発がん性物質を皮膚ら吸収してしまうと

膀胱がんを発症する可能性があると考えられます。

 

 

漢方医学の鍼灸における膀胱系とは?

漢方医学の鍼灸の分野では経絡という考え方があります。

 

経絡というのはツボとツボを結んだ線のことで、

「気」が流れていると考えられいます。

 

経絡にはいくつか種類がありまして、

膀胱系という経絡があります。

 

膀胱系という経絡は目の付け根(鼻の根元)から

スタートして、

 

眉間、後頭部、背骨付近を通過して

泌尿器系の膀胱まで繋がっている経絡です。

 

軽い病気では初期の風は膀胱系の病気で、

風邪を引いた時の症状として、

 

肩こりや背中が寒いのは膀胱系の

異常と解釈ができるのです。

 

膀胱がんの発症も経絡の異常という意味においては

膀胱系の難病といえるのではないでしょうか?

 

膀胱がんを鍼灸的に考えると目から発がん物質を吸収したのが原因か?

膀胱がんを発症することになるのは、

膀胱に直接発がん物質を触れさせなくても、

 

経絡で考えると、膀胱系のスタート地点である

目から発がん性物質を吸収することによって

膀胱がんを発症したと推測することもできます。

 

膀胱がんを予防する為には目からの発がん性物質を

吸収しないこと大切になります。

 

オルト―トルイジン以外に膀胱がんの原因になった発がん性物質はないのか?

オルト―トルイジンという発がん性物質を扱っていたことが

話題になっています。

 

膀胱がんの原因にもなるオルト―トルイジンと予防法はこちら!

 

ただしオルト―トルイジンは揮発性は高くないことが

知られていて沸点は200度です。

 

目から発がん性物質が吸収されたと考えると

オルト―トルイジンが膀胱がんの原因ではない

ということになります。

 

膀胱系は目から眉間や額、後頭部、首、背中を

経由する経絡です。

 

オルト―トルイジンという液体が頭や首にかけて

付着したということであれば皮膚からの

吸収ということで説明がつきます。

 

膀胱がんの予防のために目と皮膚を保護する!

化学工場での膀胱がんの原因物質がオルト―トルイジン

であっても、その他の要因であったとしても、

 

予防のために作業服やマスクの着用はしている

という前提で鼻や口からは吸引していない

ことを前提に考えると、

 

目や皮膚からの発がん性物質の吸収にも

気を付けるべきだと考えます。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析