若年性白内障 予防になる花粉症の目の痒みを止める方法とは!




白内障といえば早くても50代、

通常なら60歳になってからかかる目の病気です。

 

白内障は加齢によって目の水晶体に

白い曇りが付着して目が見えにくくなる症状です。

 

若年性白内障を予防するには花粉症というアレルギー反応による

のかゆみを遮断することが有望になります。

 

 

若年性白内障の原因は花粉症による目の痒み!

白内障は加齢によって発症する目の水晶体の

曇りです。

 

ところが白内障を発症する10~20代の若年性白内障の発生が

アトピー性皮膚炎による瞼の痒みによって

起きています。

 

同様に、花粉症というアレルギー反応によっても発症

することも意味しています。

 

なぜなら、花粉症もアトピー性皮膚炎も

同じアレルギー反応で目のかゆみが出ることが

同じ症状であるからです。

 

若年性白内障の原因は花粉症の為に目の周辺をこするから!

 

目のかゆみの為に目の周辺を掻いてしまうことで

瞼などを頻繁にこすったりすることが

原因ではないかと推測されています。

 

若年性白内障になる原因は他にも

多くの原因が考えられるのですが、

 

最もポピュラーになった花粉症は

他人事ではない人が増えていますから

 

目のかゆみを感じた時に出も

瞼や目の周辺をこすらないことが大切です。

 

白内障を予防するには花粉症による目の痒みをとめること!

花粉症による目のかゆみを止めることができれば、

目をこする必要もないので、

白内障にかからなくて済みます。

 

10~20代の若年性白内障だけではなく、

30代~50代の人にとっても

 

花粉症の症状をとめることが

白内障予防にもつながると言えます。

 

その為には花粉症を根本的に治癒させるには時間がかかるので、

根本治療と合わせて、

 

目先的には効果が高いと思われる医師からの

処方薬で花粉症の症状を止めてしまうことが先決です。

 

花粉症対策はジルテックのような処方薬の服用で目の痒みを止めること

が先決です。

 

目のかゆみを止めた上で、

体質改善を図るための漢方薬などで

体の細胞を入れ替えて花粉症を根治していきましょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析