渡辺謙は胃がん患者の典型例で仕事人間?再発を防ぐ方法は?




俳優の渡辺謙さんが無事に胃がんの手術を終えて、

もう俳優業に復活しています。

 

バイタリティーをすごく感じるのですが、癌患者の9割は

渡辺謙さんのような普通よりも元気な人たちであるといいます。

 

胃がんだけではなく癌は再発しやすい傾向があるので

仕事や食生活の仕方には注意が必要です。

 

 

胃がんだけではないガンを発症する渡辺謙タイプ!仕事に意欲的!

ガンを発症する人たちは病院でガンと診断されると

なぜこんなに元気で人一倍仕事もする

バイタリティーがあるのになぜと、びっくりする人が多いと言います。

 

どうですか?渡辺謙さんもびっくりしてますよね。

まさか俳優でバリバリ日本やハリウッドでも活躍する

 

至って元気な渡辺謙自身がガンを発病するなんて

考えてないわけです。

 

しかも、癌患者の9割は平均より元気な人で

虚弱体質な人ではないとう事実があります。

 

渡辺謙のような仕事のし過ぎに注意!

 

仕事のし過ぎなどで過度なストレスは

知らず知らずのうちに免疫力を低下させて

病気になる原因をつくってしまいます。

普通の人なら、手術後は休養するのではないでしょうか?

 

ちょっと休んだ方がいいのではというくらいに

仕事熱心です。

 

よくストレスがかかると「胃が痛い」という

言い方をしますが、

 

精神的なストレスがかかると胃に

異変が起きることがわかっています。

 

にもかかわらず、渡辺謙さんは前向きにガンについて多くの人に

健康管理に注意をするように促すなど

意欲的な気持ちで満ち溢れているのです。

渡辺謙さんだけではありません。

元気はつらつな北斗晶さんも

ブログで乳がん予防を啓発する活動をしています。

 

体力があって仕事をバリバリこなして、

普通の人より健康的でバイタリティーがある人ほど

 

病気にかかっていることに気が付きにくいので

定期的な健康診断や人間ドッグは必要でしょう。

 

渡辺謙が胃がんを発症したのは人並み以上の食欲と高カロリー?

虚弱体質な人よりむしろ元気で快活な人ほど

癌になりやすいのは

 

高カロリーな食べ物を意欲的に食べるような

傾向があるからともいえるのではないでしょうか?

 

渡辺謙さんが東日本大震災の被災地への

復興貢献事業として「K-port」というカフェを運営しています。

 

渡辺謙さんのこの取り組みは素晴らしいです。

ただし、カフェの運営ということはそれだけ

渡辺謙さんが食について貪欲であることを意味しているかもしれません。

 

美味しいものにこだわりすぎて

高カロリーな食べ物をとりすぎることはがん細胞にとっては

絶好の住み家になります。

 

癌細胞は正常細胞よりもカロリーを倍以上消費するからです。

 

平均的な人よりも胃腸が元気であることは

意外にもガンなどの病気にかかるリスクが高くなる可能性があるわけです。

 

再発を防ぐには?

渡辺謙さんの場合は仕事のし過ぎ

であるように感じます。

 

仕事のストレスから解放されてのんびりと休養することも

時にはひつようなのではないでしょうか?

 

出身地の新潟県魚沼市から出てきて

俳優を頑張ってますが、故郷でのんびり暮らすことなんかも

いい気がします。

 

高カロリーな食生活には勿論注意が必要で

食べ過ぎには注意が必要です。

 

特に参考になるのは

樹木希林のガン克服法は激ヤセと食事の取り方!

 

がお手本になります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析