花粉症対策はジルテックのような処方薬の服用!目や鼻の症状を我慢するべきではない!




花粉症の季節になりますが、花粉症であると言いながらも

を服用しない人たちが多いです。

 

花粉症対策にマスクやメガネだけで耐えるのは立派ですすけれども、

花粉症によるハナが出る、目が痒いなどの症状を

そのままにしておくのはマイナスです。

 

ジルテックのような処方薬を服用する意味を考えてみます。

 

 

花粉症を治すというのはどういうことか?

花粉症というのは杉や檜などの花粉に対しての

アレルギー反応です。

 

花粉に対して過敏に反応してしまうのが

花粉症ということです。

 

私たちの鼻や目の粘膜が花粉に対して、

過敏になっているのですが、

 

花粉症をなおすということは、

粘膜の感覚を鈍感な方向に戻すことです。

 

そのことを踏まえて花粉対策をするべきなのです。

 

薬を飲まない花粉症対策をしても目のかゆみや鼻水はとまらない!

様々な花粉症対策があってマスクをして、

メガネもかけて、薬の服用以外の対策を行っても、

 

くしゃみは出るし、鼻水はとまりません。

目がかゆい症状も止まりません。

 

薬を服用しない花粉症対策は症状が軽減するだけで

症状がなくなることがありません。

 

それどころか、我慢を重ねるために鼻や目の粘膜をこすることで

より過敏になってしまいます。

 

 花粉症は神経が過敏な結果起こる!薬を服用しないと余計に悪化!

鼻水をティッシュペーパーでかんで、

何度も鼻をかんだりしていると

 

鼻の粘膜が余計に過敏になります。

 

花粉症になるのはいろいろな理由がありますが

神経がアレルギーに対して過敏に反応しているからおきています。

 

目をこすったり、鼻をかんだりすることで、

余計に粘膜が過敏になっていきます。

 

つまり、花粉症にかかって薬を服用して

花粉症の症状を止めないでいると、

 

余計に神経が過敏になって悪化していきます。

 

花粉症もいずれ治るものですが、

そのためには症状をなくするくらい強い

花粉症薬を服用する必要があります。

 

⇒叶美香、「咳止め薬」アレルギーの呼吸困難に!アナフィラキシーショックを予防方法は?

 

その理由は皮膚の粘膜の過敏反応を

悪化させないという理由があります。

 

最善の花粉症対策はジルテックのような処方薬を服用すること!

薬を服用することのメリットは花粉症の症状が完璧に止まってしまうことです。

花粉が多く飛び散る場所にいても、

花粉症であることを感じなくなります。

 

勿論服用する薬は、市販薬では効果が薄いので、

医師の処方の元に、

ジルッテック(=セチリジン)などの効果高いものを処方してもらいましょう。

 

ジルテックを服用した効果と副作用は?

ジルテックは1日1回1錠を服用するだけで24時間花粉症の

症状が完全にとまります。

 

しかも服用後、直ぐに効果が実感できます。

 

その代わり、初めて服用して歩いた時は

道路が揺れるように感じました。

 

相当神経に作用しているんだと実感しました。

 

 

副作用はありますが、目のかゆみや鼻水など、

一切の花粉症の症状がとまりました。

 

勿論、人によって効き方は違いがあるでしょうし、

合うかどうかはわかりませんので

 

あくまでもお医者さんに相談してみてください。

 

花粉症薬で症状が止まるメリットは?

ジルテックのような強い薬には飲みはじめの人には

副作用も出ますが直ぐになれます。

 

何よりもメリットは鼻水がでなくなって目も痒くありません。

 

薬を飲まないで我慢している人は一日中寝るまで

鼻をかんだり、鼻水と戦い、

 

目のかゆみがあるので目をかいたり、

気休めに目薬をつけたりします。

 

医師からの処方薬で症状がとまれば鼻をかむ必要も

目をこする必要もなくなります。

 

結果として鼻や目の粘膜の細胞が

より過敏になって悪化するのを防ぐことができます。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析