滋賀県東近江市 赤い永源寺こんにゃくが青空レストランで紹介!



滋賀県では、赤こんにゃくをよく食べる習慣があることで

知られている地域です。

 

永源寺こんにゃくと呼ばれる

商品が滋賀県の特産品です。

 

また、こんにゃくを赤い色に着色した、

赤こんにゃくは見た目が綺麗で、

 

こんにゃくの地味な見た目に

色どりを添えてくれます。

 

満点青空レストランでは、

東近江市の永源寺こんにゃくが紹介されます。

 

滋賀県東近江市 永源寺こんにゃくが日本テレビ「青空レストラン」で紹介!

こんにゃく

こんにゃく

日テレ系「青空レストラン」では、滋賀県東近江市の特産品である、

こんにゃく芋が紹介されます。

 

東近江市には、永源寺という大変ありがたい由緒正しい

寺院があるので、多くの人がご利益を受けるために

 

永源寺に参拝に来ます。

 

そして、永源寺に来た時にお土産に買って帰るのが

永源寺こんにゃくと呼ばれて滋賀県では特産品となっています。

 

滋賀県東近江市にある永源寺のご利益とは?

滋賀県東近江市のこんにゃくに永源寺こんにゃくと名前がつくのは

東近江市に永源寺があることに由来します。

 

そして、永源寺に多く人が参拝する理由は、

秋は紅葉の名所として知られるだけではなく、

 

ご利益にもあります。

 

永源寺のご利益には、

「子宝、子孫繁栄、会社繁栄、よき跡継ぎに恵まれること」

があります。

 

ご利益を求めて、永源寺に参拝する人が多いために、

永源寺こんにゃくも滋賀県全域で食されているとも

いえるのかもしれません。

 

永源寺

住所:〒527-0212 滋賀県東近江市永源寺高野町41

URL:http://eigenji-t.jp/

地図:

 

永源寺こんにゃくは滋賀県特産のグルメで、糖尿病予防効果がある?

こんにゃくはダイエット食品として重宝されることが多い

食べ物です。

 

カロリーは非常に低くて、食物繊維が豊富であり、

ほとんどが水分です。

 

ある程度食べてしまっても、太ってしまう心配が

少ないことが知られています。

 

その為なのか、滋賀県は糖尿病にかかる率が

全国で3番目に低い県として

2016/10/22「サタデープラス」で放送されました。

 

糖尿病になりにくい県民性は、永源寺のご利益ではなく、

永源寺こんにゃくや赤こんにゃくのご利益ですね。

 

赤こんにゃくも食欲をそそる!

ヘルシーであれば味はどうでもいいということでは、

ダイエットは続かないです。

 

滋賀県近江氏のこんにゃく芋から作った永源寺こんにゃくの

味がいいと評判ですけれども、

 

中でも、赤く染めた赤こんにゃくは

見た目が綺麗なので、

余計に食欲をそそります。

 

刺身こんにゃくとしても利用できますね。

 

ちなみに、赤い色は「三二酸化鉄」(さんにさんかてつ)という食品添加物で

染められています。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析