「おとり物件」は賃貸だけでない!違法性のある不動産会社の特徴とは?




おとり広告については、不動産業界では広告の表示方法について

宅建業法で規制があります。

 

おとり広告に掲載されたおとり物件は通常は

ありもしないものを掲載して集客をはかる賃貸物件のことを

指摘することがおおいです。

 

不動産業界では賃貸物件だけではなく売買物件でも

おとり物件」を活用している実態があります。

 

集客の為に実在する中古物件を売買物件としてネット上に掲載して

取引する意思のない「おとり物件」の利用実態の違法性にはまだメスがはいっていません。

 

中古物件を「おとり物件」として利用している不動産会社特徴をみていきます。

 

 

違法性が高いおとり広告とは?

おとり広告については消費者庁がどういうものがおとり広告に該当するのかを

明確に禁止をしています。

 

つまり「おとり物件」を活用することについては宅建業法だけではなく

景品表示法に抵触する違法な行為です。

 

 

(1) 取引の申出に係る商品・サービスについて,

取引を行うための準備がなされていない場合のその商品・サービスについての表示

 

(2) 取引の申出に係る商品・サービスについて,

合理的理由がないのに取引の成立を妨げる行為が行われる場合その他

実際には取引する意思がない場合のその商品・サービスについての表示

出典:http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/hyoji/kokujiotori.html

 

 

つまり不動産会社の物件の場合であれば、

既に成約済みの物件であったり、

 

取扱いができない物件だったりと

集客の為ならどんな手段でも使う傾向がある

悪質で違法な行為です。

 

おとり物件とはおとり広告と判断される物件のこと!

賃貸物件でよく使われる、既に成約済みでない物件を

掲載するようなおとり物件だけではなく、

 

実在していても不動産業者が取引する意思もないのに

掲載されたおとり広告上の物件も

おとり物件と判断していいでしょう。

 

取引をする意思がない「おとり物件」を掲載する不動産業者とは?

物件についての問い合わせは

スーモ、アットホーム、ホームズだけではなく、

各不動産会社のHPに掲載されている物件の場合もあります。

 

いずれにしても「おとり物件」を掲載する業者の罠には注意が必要です。

 

具体的にどういう業者に注意すべきなのかを確認していきます。

 

中古住宅を「おとり物件」として掲載する新築建売業者に注意!

新築の建売をメインにしている住宅会社があります。

 

建売業者というのも不動産の免許を持っていますから

中古住宅の仲介もできるのですが、

 

中古住宅を仲介する意思はなく、

広告にだけ中古物件を掲載する場合があります。

 

新築の建売を販売するはずなのになぜ中古住宅を

掲載するのか?疑問に思いますよね。

 

もしも新築建売業者が中古物件についての広告掲載をしていても

実際に取引する意思がないでしょう。

 

あくまでも新築物件を検討してもらうために

集客用に中古物件を掲載しているだけと推測されます。

 

もしも、一戸建てを一定の条件で探している人なら

中古住宅と比較しても高くはないというような理由で

新築建売物件を押し付けられる可能性があります。

 

実際に物件を見ると綺麗な新築の方に魅力を感じてしまいがちですが、

購入してから後悔しないように

 

誠実に問い合わせをした物件について紹介してくれて、

物件探しをする側の気持ちを尊重してくれる会社なのかを見極めることです。

 

新築住宅を販売している会社のHPで中古物件が掲載されている場合は

取引する意思があるのかを注意深く観察してください。

 

明らかに新築しか建築しない業者の中古物件については

怪しさがすぐわかりそうです。

 

次に仲介業者について。

 

新築建売物件をメインに取引している仲介業者の中古物件のおとり物件に注意!

不動産仲介業者については、いろいろな特徴の不動産会社があります。

 

1つは大手不動産会社である三井のリハウスや

東急リバブルなどです。

 

仲介大手不動産会社は売買の場合は

売主から売却依頼される中古の住宅やマンションの

仲介がメインです。

 

中古物件中心に取り扱いますから

中古物件をおとり物件にするという行為は少ないです。

 

注意すべきは、新築建売物件をメインに販売する仲介会社です。

 

ほぼ中小の不動産会社に多いですが

新築の建売物件を中心に仲介するのが目的ですから、

 

価格が安くて決まりづらい中古物件は

おとり物件である場合が多くなる傾向になりがちです。

 

つまり、物件をいろんな角度から検討したいと思っている

人にとっては本来は新築物件だけではなく

 

中古物件も合わせて検討したいと思っているはずです。

 

にもかかわらず、問い合わせをした不動産会社が、

新築の建売物件中心に仲介しているとしたら、

 

ネット上に掲載されていた気になる中古物件については

取引対象ではない扱い方をして、

予想以上に高額な新築物件を押し付けらえる可能性が出てきます。

 

一戸建てを探している人にとっては高額で綺麗で誰もがいい

と思う物件よりも

 

仮に古くて汚くても価格面や立地条件、

土地の広さなどを優先する考えもありえます。

 

ユーザー目線がない不動産会社や

担当者であると感じたならすぐ立ち去る気持ちを持ちたいものです。

 

おとり物件を活用する不動産会社の特徴のまとめ

やはり、収益が大きい新築建売物件を直接売主として

販売する業者で中古物件で集客しようとする業者が1つです。

 

新築販売なら正々堂々と正面から広告してほしいものです。

 

もう1つは新築建売を仲介することで中古物件よりも多くの

仲介手数料を得ようとする拝金主義の

 

不動産会社に中古戸建をおとり物件として利用する傾向が

ありそうです。

 

特徴は、新築戸建てを販売する目的がメインであるということです。

 

 

センチュリー21の評判については

⇒センチュリー21の評判を不動産購入、賃貸、建築、大手と比較で説明

をご参照ください。

 

WBSでは、賃貸物件について「おとり物件チェッカー」を

紹介していましたが、売買物件については

 

「おとり物件チェッカー」はないですし、

仮にあったとしても、実在する物件について取引する意思がない点が

特徴ですのでよく注意してください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析