笑福亭笑瓶の病名=急性大動脈解離の原因と予防方法とは?




笑福亭笑瓶さん(1956/11/7生まれ)が、

2015年12月29日に千葉県のゴルフ場から

ヘリで緊急搬送で病院へ運ばれていました。

 

病名は急性大動脈解離でした。

 

急性大動脈解離という病気を発症した時の笑福亭笑瓶さんの

年齢は59歳でしたが、大動脈解離原因予防方法についてみていきます。

 

 

笑福亭笑瓶の病名=急性大動脈解離とはどんな病気なのか?

大動脈とは、心臓から分岐する最も太い血管で

直径にして15~20mmもの太さがあります。

 

大動脈解離とは大動脈を形成する膜がもろくなって

はがれてしまう病気です。

 

健康な人では通常大動脈解離は起きませんが、

笑福亭笑瓶さんのように年齢を重ねるにしたがって

 

発症する確率が高くなります。

 

大動脈解離の原因と予防法とは?

 

大動脈解離を発症する人の多くは

高血圧があるとされています。

 

大動脈解離の原因になる高血圧を予防するためには?

 

高血圧は体質もあるかもしれませんが、

血流が悪化した結果として起きる症状です。

 

ですから日常生活の生活習慣や食生活などによっても

高血圧は予防することが可能です。

 

血管年齢を若々しく保つことで動脈硬化を予防することができれば、

大動脈解離のリスクが大幅に減ります。

 

動脈硬化を予防する食べ物とは?

 

具体的な事例としては、

⇒日南市の人達は血管年齢が若い理由に魚うどんを食する習慣が動脈硬化を防いでいる

といったような事例も大変参考になります。

 

魚粉で作ったうどんを食べる人たちの血管年齢が若いだけではなく、

血流にまで影響を及ぼしているのでしょう。

 

大動脈解離対策としては、

大まかに言うなら、肉食よりも魚介類の方が動脈硬化対策には

適すると言えるでしょう。

 

なぜなら、常温では固まってしまうのが肉に含まれる脂ですし、

常温でも固まらないのが魚介類に含まれる脂分だからですね。

 

血管への老廃物の付着も肉食よりは魚類の方が予防にはなるでしょう。

 

 

ただし注意点は魚中心の食事といっても塩分が多くなると

血圧上昇の原因になりますから、

 

塩分はできる限り控えた方がいいです。

 

「塩分の多い食品の代表」=インスタントラーメンのナトリウム量の表示は病気に対する警告!

ですから、注意して食べるようにしたいものです。

 

高血圧薬と通風薬を服用していた阿藤快さんは急性心不全で急死した例

もありますので、

高血圧や血液の状態をよくしておくことが予防になります。

 

高血圧になっていない人は年齢を重ねても血圧が高くならないように

予防策をとればいいですが、

 

高血圧症の方で降圧薬を服用している人は

降圧薬の副作用を軽減する漢方薬を利用する方法

をご参照ください。

 

便秘は血圧を上げるので、馬鹿にできない!

便秘になるとトイレでいきみますから、

血圧が上がる原因になります。

 

トイレで排便中に倒れたらシャレになりません。

 

血圧を上げないためにも、便秘気味の人は

快便になるような食生活や

 

快便を促す漢方薬の服用などを心がけるべきです。

 

便秘気味の人は薬を使うなら漢方にするべきで、

漢方以外は効かなくなるのでやめた方がいいです。

 

松本明子が便秘を解消した薬=下剤を服用しない腸活方法

をご参照ください。

 

大動脈解離の原因にもなる低コレステロール血症とは?

血液中には一定のコレステロールが必要です。

 

動脈硬化や高血圧が懸念される人がコレステロールを

上げる食事をしないように注意するのは

 

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が

動脈硬化を促進するからです。

 

つまりコレステロールが高いのは悪玉コレステロールが増えるので

良くありません。

 

一方でコレステロールが低いのも大動脈解離の原因にもなります。

 

コレステロールには善玉コレステロール(HDLコレステロール)もあります。

 

善玉コレステロールは動脈硬化を

予防してくれる働きがあります。

 

善玉コレステロールの値が低い「低コレステロール血症」の

状況では動脈硬化予防機能が働きづらくなります。

 

そして、先ほど例に挙げた魚うどんと肉食の例ですが、

魚には善玉コレステロールが多く含まれていますが、

 

肉には悪玉コレステロールが多いのが現実です。

 

その為に肉食よりも魚介類中心の食事の方が

大動脈解離だけではなく、

健康全般にとってもよいことにつながります。

 

笑福亭笑瓶は冬場にゴルフ場で大動脈解離を発症した!予防策は?

大動脈解離を発症しやすいのは冬場の寒い季節です。

 

12/29という年末の寒い時期にゴルフをしているということで、

体は寒さで硬直していたかもしれません。

 

ゴルフをすること自体も血圧を上げる要素にもなります。

 

お風呂場で年配の方が亡くなる例が冬場は増えますが、

寒さの為に血圧が上昇することが原因です。

 

「サザエさん」の中島君役の声優として活躍した

白川澄子さんの死因はヒートっショックによるくも膜下出血

と推測されています。

 

くも膜下出血は脳動脈瘤からの出血が多いので、

大動脈解離と同様に高血圧を予防することは大切ですが、

 

寒い場所に行くときにはくれぐれも注意が必要です。

 

笑福亭笑瓶は大動脈解離を予防するためにタバコをやめるべきだった?

2014/12/21の「今夜は駆け込みドクター!運命を変える健康診断SP」 に

出演した笑福亭笑瓶さんは、番組の中で

 

タバコの本数が減っていると話していました。

 

つまり喫煙の習慣があったことがわかります。

 

タバコは漢方ではストレスの薬として利用される場合があって、

全く害ばかりではありませんが、

副作用が大きい薬のようなものです。

 

つまり、タバコの悪影響としては血液が固まりやすくなって

動脈硬化を進めてしまいます。

 

タバコの血液に及ぼす悪影響から大動脈解離への

間接的な原因になってしまいます。

 

大動脈解離を予防する意味では禁煙をすることが重要になります。

 

お酒についても同じことが言えます。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析