子供の低体温が急増で平熱35度台!改善しないとがんや病気の原因に!



日本人がガンの発症リスクが高まっていて、

小林麻央さんのように、若い人も乳がんをはじめとした

病気にかかりやすくなっています。

 

子供の平熱が通常は36度台にコントロールされるのが通常であるのですけれども、

35度台の平熱(低体温)が増えているといいます。

 

年配者については、年齢的な要因で病気やがんにかかりやすいのですが

若い人たち、さらには子供たちはますます、

病気になりやすくなっているともいえます。

 

なぜなら、体温が1度下がると免疫力が30%も

下がるといわれているからです。

 

大人にとっても体温を高めていることは大切な要素になりますけれども、

子供たちの平熱が35度台というのは

非常に危険な状況です。

 

原因改善策としてどうするべきなのかを

確認していきます。

 

 

子供の低体温が急増し、平熱が35度台になっている!

平熱が35度台の「低体温」の子どもが増えている。

体力や集中力の低下などの悪影響も指摘される。

多くは生活習慣を見直すことで改善できるという。

 「低体温」とは、1日を通じて体温がおおむね35度台と低めにとどまっている状態のこと。

最近はそうした子どもが珍しくないという。

出典:平熱が35度台、増える「低体温」 読売新聞

 

低体温の人は少数派ながら昔からある

体質的なものです。

 

大人になって体力が落ちてきて低体温になるならわかりますが、

最もエネルギッシュな子供が

低体温というのは異常です。

 

低体温の弊害は病気の発症リスクの高まり!

 

子供の時代から低体温であれば、

自然に低体温の人口が増えてしまいます。

 

体温が1度下がると免疫力が30%も下がるといわれるので、

がんなどを発症する日本人が増えているのは、

 

食生活の西洋化だけではなく、

免疫力低下も病気に負けてしまう

要素になってしまいます。

 

石原結實先生の著書「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

では、徹底して、体温を高く維持すること

 

言い換えれば、低体温を克服することが

病気を治すことにつながると主張しています。

 

石原先生は著書の中で、

がん細胞は35度で最も増殖し、

39.3度で死滅することが分かっている点を

強調しています。

 

それだけ、体温の低下が進行することは、

体内の白血球の活動を不活発にしてしまいます。

 

免疫力低下だけではなく、代謝機能も低下するという

悪循環に陥ります。

 

体温が低下している状況というのは

病気になりやすい状況を作り出しているといってもいいので、

 

平熱が35度台であるというのは、病気を予防するという意味では、

仕方がないと諦めるわけにはいかないのです。

 

 子供の低体温の原因とは?

石原先生の著書に「お腹を温めれば病気きにならない」

とういう本が出ています。

 

もしも、自分の子供が低体温であるということであるなら、

原因として考えられるのは、

 

  • 筋肉運動、労働の不足
  • 塩分摂取の極端な制限
  • 水分の過剰摂取
  • 体を冷やす食べ物の取り過ぎ
  • 湯船に入らずシャワーで済ます入浴習慣
  • 夏のエアコン

などです。

 

この項目は

「お腹を温めれば病気きにならない」という本の

なぜ日本人の体温は下がったのか

というページで説明される項目です。

 

 

低体温の原因として、思い当たる項目が今のライフスタイルでは

多くなっている気がします。

 

低体温を改善するための方法とは?

低体温を改善するためには、体温を上げるための

生活の仕方を運動を含めて実施することや

 

体を冷やすような食生活、食べ物を控えて、

むしろ、体を温める食べ物を食べることが大切です。

 

石原先生の著書をどれか1冊でもいいですから

読んで実行することをお薦めします。

 

石原先生の著書には、体を温める食べ物と

体を冷やす食べ物が分類されています。

 

例えば、漢方の世界では緑茶は夏になって

暑い季節に飲む薬膳で、

体を冷やす飲み物です。

 

コーヒーも体を冷やします。

⇒小林麻耶 カフェインを断つ!コーヒーの飲み過ぎはパニック障害に悪影響!
をご参照ください。

 

逆に、紅茶やウーロン茶は体を温めるという風に、

非常に参考になる情報が満載です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析