慢性炎症による病気の治し方は血管年齢を若くすること?NHKスペシャルで紹介!



NHKスペシャルでは、

「あなたもなれる“健康長寿” 徹底解明 100歳の世界」

と題して、

 

健康寿命を延ばすには慢性炎症を予防することが

大切であることが紹介されます。

 

慢性炎症とはどんなものなのでしょうか?

また、慢性炎症の治し方にはどんな方法があるのでしょうか?

 

長寿を全うするだけではなく、

健康寿命を延ばすには、漢方的な

気、血、水の考え方が大切になっているのです。

 

 

慢性炎症とは何か?

炎症というのは、大きく分けて、急性炎症と慢性炎症に

分けられます。

 

一般的に私たちがイメージしている炎症というのは、

明らかに、けがや病気で炎症が目に見えるような状態や

病気で、いずれ治癒するものが多いのが

急性炎症といえるでしょう。

 

一方で、慢性炎症とは、目に見えないところで、

じわじわと、血管が老化したり、傷ついたりして、

肉体をむしばんでいくような

状態を指しています。

 

慢性炎症の病気には何が?

慢性炎症と呼ばれるものには、リウマチ、喘息、

アトピー性皮膚炎など、

 

長期的な炎症を起こしている疾患をイメージしがちです。

 

しかし、最近では老化による高血圧や動脈硬化といった

病気についても慢性炎症の1種であると考えられるようになっています。

 

つまり、年齢が高くなるにしたがって増えてくる

生活習慣病である糖尿病や痛風は血液を傷つけてしまうことで、

肉体をボディーブローのように

じわじわと劣化を進めてしまうのです。

 

肥満は病気ではないと思っているかもしれませんけれども、

肥満であることが多くの病気につながります。

 

がん患者が増えているのも、

食生活の変化と言われていますけれども、

 

食べ物の西洋化が血管を流れる血液が体に

付加を与えるようになってしまった結果ともいえるのです。

 

慢性炎症の治し方のヒントがNHKスペシャルで紹介!

NHKスペシャルでは、100歳を超えるような長寿でも

元気で生き生きと暮らしている人たちにスポットライトを当てています。

 

ゲストとして、聖路加国際病院を作り上げ、

理事長として活躍する

日野原重明先生も登場しています。

また、番組では、108歳で亡くなったぎんさんの血管が

ほとんど慢性炎症のダメージを受けていなかったことも

映像で紹介しています。

健康寿命が長い人の特徴として、

幸福感に満ちた精神世界も紹介されます。

 

それは、快楽の追求ではなく、

生き甲斐をもって生きるというものです。

 

生き甲斐をもって生きることが慢性炎症を予防する

というのです。

 

慢性炎症の予防や治し方は食事や食べ物に注意すること!

和食が今、健康的な食事であることが世界的に認められています。

できる限り、洋風の食事を改めて

昔の人たちが食べていたような食事に戻していくことが大切です。

 

特に、健康を意識する意味では、東洋医学に精通している

医学博士で、石原結實先生が多くの著書の中で

紹介しているような食べ物や食材がお薦めです。

「病気にならない体」をつくる食べ物事典

という本の中に出てくる食材を中心にして

レシピを考えることで、

いい血液が体をめぐるようになります。

 

さらには、体を温めることで免疫力が高まり、

がん予防にもつながっていきます。

 

漢方でいうところの、血の巡りと

水の巡りをよくする食べ物と言えるでしょう。

 

また、気の巡りをよくするものとして、

生姜がよいなど、詳細に説明されています。

 

 

慢性炎症の予防と治し方には生き甲斐も大切!

漢方でいうところの、気の巡りがよいこととも解釈できます。

石原先生の推奨する食材を積極的に取り入れることで、

便秘が解消し、ポッコリお腹も解消していきます。

 

日々爽快な気分になれば、おのずと前向きな気持ちにもなれます。

 

そして、日野原重明先生のように社会貢献をするという

ような生き甲斐を持っている人になれるなら

最も良いことでしょう。

 

その為の一歩として、まずは、食生活を見直してみましょう。

石原結實先生の本は多数出ていますので、

どれか1冊は健康のバイブルとしてお薦めします。

 

 

体を冷やす食べ物や飲み物によってうつ病などの精神疾患にも

影響を与えます。

⇒小林麻耶 カフェインを断つ!コーヒーの飲み過ぎはパニック障害に悪影響!

をご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析