風邪やインフルエンザ予防法は免疫力を上げる漢方薬も対策に!



免疫力を上げることで風邪インフルエンザにかからない体を作ることができます。

 

漢方の考え方では未病(みびょう)という考え方があって、

まだ病気ではないけれども、

病気に向かいつつある状態のことをいいます。

 

病気になってしまう前の未病の状況を改善することは

大切です。

 

未病の段階では免疫力が落ちている可能性がありますから、

免疫力を上げることで病気になることを防ぐことができます。

 

風邪の予防法として、免疫力を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

免疫力を上げると言われているサプリメントや食事などでは

効果が実感しづらいですけれども、

 

実際に私たちの気力を充実させて

免疫力をアップさせてくれる漢方薬について見ていきます。

 

 

インフルエンザや風邪予防に免疫力を上げるサプリってどうなのか?

インフルエンザや風邪の予防のために

免疫力をを上げるという考え方は大切です。

 

毎日規則正しい生活をして、決まった時間には寝て、

決まった時間に起きるという生活習慣は必須です。

 

昼夜逆転というの最も避けたいです。

 

その上でより免疫力をアップルする方法としてサプリメントなどがあります。

具体的には万能ハーブの「エキナセア」や

「プロポリス」などが有名です。

 

 

ただしサプリメントというのはその時々の流行も

ありますし、身体には良さそうなものですが

薬と違って効果があることを歌うことはできない商品です。

 

つまり、薬ほどにはシャープな効き目はないと

考えてもいいでしょう。

 

サプリメントについて科学的に免疫力がアップする効果があるなら

それは薬に昇格するはずですから、

 

あくまでもサプリメントというものには栄養補給的な

目的にして活用するべきです。

 

実際に免疫力をアップする薬というのは西洋医学的な新薬には

みあたりませんが、漢方薬には免疫力をアップして

気を充実させる効果が期待できるものがあります。

 

漢方薬で免疫力が上げるというのは体の元気を取り戻すこと

風邪やインフルエンザにかかりやすい人というのは

元気がない虚弱体質な人です。

 

年を取ると風邪が命取りになるのも

老人は抵抗力が弱まっているからです。

 

⇒使い捨てカイロ貼る場所で風邪予防効果を東洋医学的に説明

 

老人ではなくても仕事での疲労困憊や

病気の後に倦怠感があるような場合には

 

免疫力が低下している恐れがあります。

 

免疫力を上げるというのは、東洋医学的な考え方では、

  1. 気を充実させる
  2. 血流やその他体内の水分の流れを改善する

という視点で漢方薬が処方されます。

 

体が疲労困憊して疲れ切っていれば気力が充実していませんから、

体力をつけながら虚弱体質を改善していくことが望まれます。

 

 

どんな漢方薬が効果があるかはその人の症状によって

変わってきますから

 

漢方処方になれた医師や漢方薬局で

漢方薬を処方してもらうのがいいでしょう。

 

免疫の研究者、漢方の名医=小田治範先生を紹介!

小田治範(おだはるのり)先生は、新宿区大久保で

「小田クリニック」を開業している漢方医の名医です。

 

風邪を治したいというところからスタートして、

難病の患者さんまで対応しています。

 

小田先生は中国吉林省生まれですから、

東洋医学の考え方、漢方処方にも熟達している

数少ない医師の一人です。

 

小田先生は日本、中国、韓国の医師免許を取得している先生です。

 

会話は日本語だけではなく、韓国語、中国語なども堪能ですから、

患者さんは中国籍のファンが多いでしょう。

 

クリニックの医師としての活動以外にも免疫力を如何にして

高めるのかということに研究をしています。

 

健康寿命を10年延ばす 免疫力の高め方」という本で、

風邪を始めとして難病までの病気を予防する為の方法として、

 

食事、運動、メンタルケアについての

免疫力アップ法を身に着けることは財産になります。

 

また、都内近郊にお住まいの方なら本を読むだけではなく、

実際に診察をしていただくこともできますので、

 

日常的に疲労感があるとか、倦怠感があるとか、

風邪の引き始めから、風邪が中々治らない方まで、

 

幅広く、漢方処方などを受けることが可能です。

 

  • 小田クリニック
  • 所在地:〒169-0072東京都新宿区大久保1-11-3 大東ビル2F
  • TEL. 03-5273-0770

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析