ボルタレンは風邪で熱がある頭痛に効果がある点がロキソニンと違う!




日常的に頭痛持ちの人は、主に片頭痛になやまされます。

 

頭痛持ちではなくても風邪を引くことはだれでもありますが、

高熱が出ると頭痛がひどくて辛いことが多いです。

 

風邪を治すには時間がかかるのですが、

痛み止めのボルタレンを活用すると比較的早期に効果が現れます。

 

同じ痛み止めでもロキソニンンは高熱になったときの

頭痛を止めるほどの効果はありません。

 

ただし医師の処方がないと服用できないので注意が必要です。

 

 

ボルタレンとロキソニンの違いは痛み止めの効果!

ロキソニンは市販薬としても販売されているので

安全性高いので利用しやすい痛み止めです。

 

ちょっとした痛みがあるときの痛み止めとしては気休め程度には

ロキソニンもいいです。

 

ただし、痛みが本物の痛みで寝込んでしまうような

頭痛があるときは、ロキソニンでは効果はでません。

 

頭が痛くてどうしようもなくて食欲もないという時に

寝て回復を待つしかないのですが、

 

ボルタレンがあれば、頭痛が嘘のように引いてしまうことがあります。

 

特に風邪を引いて高熱のために頭痛がするときの効果は

風邪薬や頭痛薬などの薬よりも効果が出ます。

 

ボルタレンはロキソニンの様に簡単に手に入らない、頭痛を止める為には処方が必要。

風邪やインフルエンザでクリニックにかかっても

風邪薬を出してくれるでしょうけれども、

 

熱があって、頭痛がひどいと医師に訴えても

必ずしもボルタレンを出してくれるとは限りません。

 

薬の効果がどういう時にあるかを知っているかどうかも

医師としての経験値ですから

 

病状を医師に確認してもらって、

医師の判断としてボルタレンを処方してもらえないか

お願いしてみるのが方法です。

 

ロキソニンの様にドラッグストアで

手軽に手に入れるわけにはいかないです。

 

ロキソニンより強い ボルタレンの副作用に注意

頭痛をあっさりと止めてしまう効果がボルタレンにはありますが、

反面副作用もロキソニンよりも強く出ます。

 

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、胃部不快感、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃痛、腹痛、下痢、口内炎、浮腫、発疹などが報告されています。

このような症状に気づいたら、医師または薬剤師に相談してください。

出典:http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka_plain.cgi?n=15052

 

つまり、ロキソニンと比較してボルタレンは胃腸に負担がかかりやすい

ということです。

 

風邪でどうしても食べられないというときはだけではなくても、

必ず胃薬も合わせて服用する必要がありますし、

胃腸に心配がある方は錠剤ではなく座薬を選んだ方がいいかもしれません。

 

風邪の様に単発的な使用であれば胃潰瘍になるなどの副作用は

心配ないのですが一定の期間継続して服用した時は

胃腸の検査も後日したほうが無難です。

 

 

 

ボルタレンが風邪を引いた時の高熱があるときの頭痛に効くのはなぜ?

ボルタレンが風邪を引いて熱があるときに頭痛を止める効果が

個人的にも経験しています。

その理由を製薬メーカーの説明で確認します。

この薬の作用と効果について
炎症や痛み、発熱の原因とされるプロスタグランジンという生体内の物質ができる量を減らすことにより、

炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くし、発熱がある場合は熱を下げます。

通常、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、手術後・抜歯後などの

鎮痛・消炎や急性上気道炎の鎮痛、解熱に使用されます。

出典:http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka_plain.cgi?n=15052

 

つまり発熱と痛みというのが関連性があるから効果があるようです。

通常の使用では関節炎などの鎮痛や解熱に利用と記載がありますので、

風邪を引いた時の頭痛とは記載がありません。

 

ボルタレンは整形外科などでも多く利用されることがわかりますが

意外と、風邪薬の1つとして処方する先生は少ないかもしれないので、

 

頭痛がひどすぎる時は先生にボルタレンを服用しても問題ないかを

確認して処方してもらうとよいのではないでしょか?

 

風邪の頭痛にボルタレンを使う意味は?

 

頭痛をさっと取り去ってしまえば、風邪の治療もそれほど

苦しいものではありません。

 

⇒便秘でお悩みはロキソニンの副作用かも!生理痛や頭痛ならペオンやボルタレンなど他の薬へ変更も

 

風邪をボルタレンで治すことはできませんが、

風邪の闘病生活を楽にしてくれる薬です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析