不当解雇の和解金を獲得する為にCMで有名なアディーレ法律事務所を活用する方法とは?



ブラック企業対策が叫ばれていますが、

残業代の未払いなどきちんと修正できるのは

当面は大手企業だけでしょう。

 

残念ながら今後も不当解雇が発生するでしょう。

 

理不尽なことが起こることが当たり前だと思いましょう。

 

ただし少しでも不法行為を行うブラック企業を減らして

法令順守意識を植え付ける意味でも

 

不当解雇などになった段階でCMで有名なアディーレ法律事務所

活用して和解金を獲得する方法があります。

 

 

不当解雇されて労働基準監督署に訴えても打開策が見えない

不当解雇や職場でパワハラがあったことを労働基準監督署に訴えても、

状況は変わることが少ないのが現実です。

 

労働基準監督署の職員は話は聞いてくれるでしょうけれども

実際のパワハラが止まったり、

不当解雇されたことを取り消すまでの手続きを

してくれるわけではありません。

 

不当解雇されてもブラック企業に対して法令順守意識を持ってもらうために提訴してみる

ガイアの夜明けでもブラック企業の実態が放送されていました。

世の中はブラック企業対策に乗り出しています。

但し、厚生労働省はブラック企業を大手企業中心に摘発するだけで

中小企業に勤務する人たちの状況が改善するまでは時間がかかります。

 

仮に中小企業に勤務していて不当解雇に遭遇した時に

泣き寝入りをせずに、

法律を盾にして戦うことをお勧めします。

 

不当解雇の取り消しを請求していくのですが、

経験のある法律事務所に頼るのがいいです。

 

弁護士といっても得意分野があります。

 

労働問題を解決するCMで有名なアディーレ法律事務所を利用するメリットとは?

 

労働問題を相談するにあたって

取扱件数が多い法律事務所が頼りになります。

 

アディーレ法律事務所はCMでもおなじみで

 

フリーダイヤルなども活用できますから

一度相談してみてもいいのではないでしょうか?

不当解雇をする企業の多くには残業代の未払いも潜んでいます。

 

不当解雇の撤回と同時に残業代の未払いも請求をしていくことができます。

 

法律事務所では残業代を本来いくら支払う必要があるのかを

すぐに計算してブラック企業へ請求できます。

 

自分でブラック企業と闘うのは大変ですが、

アディーレ法律事務所などの法律事務所を通して

会社側へ請求しますから交渉は法律事務所にお任せです。

 

また、いろいろな法律事務所がある中で、CMでなじみがあるという点でも

相談しやすいのではないでしょうか?

 

勿論、近くのすぐに訪問できる労働問題に詳しい

弁護士を探すのもよいでしょう。

 

不当解雇の撤回を求めて提訴して行きつくのは和解金獲得か?

実際に不当解雇を取消しアディーレ法律事務所等を通して

交渉をしていきます。

 

残業代の未払いもあれば、合わせて請求をしていきます。

 

相手が筋金入りの本物の違法行為が当たり前と思っている

企業であれば和解もできないかもしれませんが、

 

一般的には解雇の撤回はできず、職場復帰が実現できなくても、

和解に応じてくれる可能性があります。

 

その意味でも自分自身で労働基準監督署に

訴えるのではなく、アディーレ法律事務所のような

弁護士事務所に依頼をするのが楽です。

 

仮に和解金がいくらか獲得できれば、

20%程度の報酬を法律事務所へ支払いをして

和解金の残りは獲得できます。

 

⇒ブラック企業の特徴はワンマン社長と反論できないイエスマンについてはこちら!

 

ブラック企業の経営者に対して法令順守意識を

めばえさせる効果があって

 

和解金を獲得できるわけですから、

積極的に法律事務所に相談をしましょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析