うつ病の引きこもりから脱出した中年が仕事を再開した事例とは?



ニートは若年層の話かもしれませんが、

引きこもり中年の男性や女性にでもあり得ることです。

 

長い人生、突然引きこもってしまうきっかけや原因は

意外と些細な出来事だったりします。

 

飲食店で会社員として働いて過労の為にうつ病

精神疾患を患ってしまい退職し

自宅に引きこもってしまった50歳の中年男性が

 

彼女のお蔭で引きこもりから脱出して自営業の仕事で復活するきっかけをつかんだ例を

みていきます。

 

 

過労でうつ病になって会社を退職し引きこもった中年男性とは?

 

どの会社にも仕事がきつい会社の場合には

精神疾患を患ってしまい、休職をしている人たちが

一定の割合でいます。

 

「人生の楽園」(2016年2月6日(土) 放送)で、紹介される

中年男性は寿司チェーンを展開する会社で

 

バリバリ働いていましたが過労がたたって、

うつ病になって退職してしまった方です。

 

舞台は、日本三景・天橋立で知られる京都府宮津市。

この町に移住し、居酒屋をオープンした井上拓哉さん(54歳)と

パートナーの梅村はるみさん(54歳)が主人公です。

寿司チェーンを運営する会社に勤めていた拓哉さんは、

50歳の時に過労と精神疾患のため会社を退職。

自宅に籠る日々が続きました。そんな時、支えになってくれたのが高校の同級生だった、はるみさんでした。

2人は「海のある町で暮らそう」と、宮津市に築100年の古民家を借り2014年12月に移住。

そして去年4月、居酒屋「古民家キッチン&ギャラリー拓taku.」をオープンしました。

オープンから間もなく1年、拓哉さんが作る地魚料理が人気で、地元住民が夜な夜な酒を酌み交わします。

病を乗り越え、34年ぶりに再会し、魚自慢の居酒屋を始めた同級生の物語です。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/nextweek/cur/index.html

 

50歳で会社を退職してしまい精神疾患で引きこもるというのは

本当に辛いことです。

 

引きこもりをしている人の多くはうつ病も患っているといいます。

 

ですから無理して働く必要はありません。

今どき、うつ病は珍しくないので恥ずかしいことではないです。

 

精神科医にかかって、医療の力を借りながら少しずつ元気を取り戻すための

充電期間が引きこもりの時期なのです。

 

なのでゆっくりと体を休める意味で

引きこもりをしていればいいのです。

 

ただ、いつかは元気になって引きこもりから脱出をしたくなる日が来たら、

喜んで仕事をしてみましょう。

 

引きこもりから脱出して

元気になるきっかけや仕事をするきっかけが

地方への移住ならそれもいいことです。

 

人生の楽園の主人公は引きこもりから脱出して

就職したのではなく、

自営業の仕事で独り立ちしている点が素晴らしいですね。

 

引きこもりから脱出して仕事ができるようになったら彼女ができる目標を持つなんて夢がありませんか?

中年の引きこもりから脱出して正社員で再度職場復帰をして

出世をして高収入を得るなんて疲れますよね。

 

とりあえず生活費だけでも稼げるような

バイトや自営業で十分ですよね。

 

人生の楽園の主人公の様に精神疾患を患って引きこもっていた状況から

立ち直れた例のように、

 

心の支えになる彼女ができるような夢や目標を持つことは

悪くはないことです。

 

あくまでも目標でなくても夢でいいと思いますよ。

 

パートナーがいるって心強いしわくわくしませんか?

 

その為に今はゆっくりと休養をしてうつ病も大抵は薬を服用して入れば

元気でいられます。

 

そのうち、仕事がしたくなるようだったら、ささやかな夢の為に

面白そうなこと、自分が学んでみたい仕事、

 

どんなことでもいいので体を動かしてみると、

自然にフルタイムで働けるようになります。

 

彼女ができるとか前向きなことを考えられるようんなる前に、

引きこもりや仮面うつから脱出する必要があります。

 

どうしたらいいでしょうか?

 

早起きすることが、うつ病と引き込もりからの脱出のきっかけにも!「朝型人間の奥義」をヒントに!

早起き心身医学研究所の税所弘先生の著書に「朝型人間の奥義」があります。

 

朝型人間になることで考え方が前向きになって、

引きこもりやうつから脱出するきっかけにもなるといいます。

 

早起きの3つの効用として、

  1. 生活のリズムを正すことができる
  2. 人生の目的が明確になる
  3. 長所を生かすことができる

出典:朝型人間の奥義

とコメントしています。

 

税所先生もかつて自身のうつを早起きをする習慣を

身に着けて、克服したことからも

大変信憑性が高いです。

 

引きこもりの人にありがちな、昼夜逆転現象を

少しずつ朝型へシフトすることが、

 

引きこもりからの脱出につながるのではないでしょうか?

 

うつ病の中年男女が引きこもりから脱出して仕事ができる様になるためのまとめ

うつ病は恥ずかしいことではありません。

とにかく精神科医に相談して治療をしましょう。

 

そして引きこもりの期間は充電の期間です。

 

今まで人一倍に頑張って来たのですから、

ゆっくりと休みましょう。

 

とはいうものの、引きこもりをしていると、

昼夜逆転でマイナス思考、仮面うつにもなりがちです。

 

ひきこもりからの脱出をはかるためにも、

朝型人間になることがきっかけになるかもしれません。

 

引きこもりながらも朝型人間になることで、前向きになれると、

彼女、彼氏ができるささやかな夢や希望が持てるようになるかもしれません。

 

通院しながら元気になってきて働けるようなら

バイトを少々するものいいでしょう。

 

後は、「人生の楽園」の主人公の様に本当に心の支えになってくれる

パートナーが見つかって一緒にどこかの地方へ移住して

引きこもりから脱出できるといいですね。

 

引きこもり・ニートから脱出して仕事を始めるきっかけや方法についてはこちら!

 

実際にあった話なので説得力がありますね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析