中学受験で失敗して公立に進む人はついてますよ!



中学受験も2月上旬で山場が終わって、

あとは合格発表を待つだけだと思いますが、

 

合格した人は努力が報われてよかったと思うのですが、

 

残念ながら不合格になって公立中学に進学することになった人たちも

結果的には失敗ではないのでは?

 

 

中学受験を失敗せず東京大学理Ⅲを目指すような学習法は本当に子供の為になるのか?

中学受験では頂点にある中学は男子御三家、女子御三家などの

中学だと思います。

 

開成中学に仮に合格したとして、その後東大へ進学するための

コースに乗って学習を進めることにどれだけの意義があるのかを

よく考えた方がいい気がします。

 

西日暮里駅 開成学園

西日暮里駅 開成学園付近

 

荒川区西日暮里にある開成学園の周辺には

開成に入学するための塾があったり、

東大に進学するための予備校があったり、

 

目的はそれだけなのか?と思わず感じてしまいます。

 

西日暮里 開成近く 予備校

西日暮里 開成近く 予備校

 

開成中学に入学するために小学4年生から塾通いをして、

合格したかと思えば、

 

今度は東大を目指すための予備校へ通う生活が始まるなんて

ぞっとします。

 

今では人工知能東ロボ君が東大目指して日々進化しています。

 

受験の世界ではなくても、将棋や囲碁の世界でも

プロ棋士を打ち任せるような人工知能が開発されています。

 

「東大に合格する学力」=「人工知能なみの学力」

だとすれば

 

東大合格への学力は人工知能なみの模試成績

を残せたにすぎない出来事かもしれません。

 

 

人工知能なみの優秀な頭脳を持った学生が有名私立に進学して、

その後さらに、東大理Ⅲへ進学するためのトレーニングマシンで

 

鍛え上げれらる姿は東ロボ君の頭脳を日々、進化させているような

姿ではないでしょうか?

 

 

その意味で、中学受験を失敗してしまい、公立に進むことにした人たちは

一旦、既定のルートから外れたという点で

受験で失敗してよかったといえる側面もあると思うんですね。

 

私立名門ではなく公立に進学することのメリットとは?

中学受験を失敗したとしても

難易度が高い私立を不合格になった小学生の学力は

決して低くないと思います。

 

しかも勉強をする習慣も身についているでしょうし。

 

公立中学で学ぶスピードや難度は私立と比較したら

楽で学校の勉強自体に使う時間は少なくて済みます。

 

勉強に使うエネルギーを部活や趣味の時間に

利用することで体力が得られたり、

 

対人関係のコミュニケーション能力が磨かれたりと、

公立中学で過ごすことも悪くはありません。

 

どうしても人工知能なみに受験の技術を磨きあげたいのでしたら、

塾に通うこともできるでしょうから選択するチャンスはあります。

 

中学生時代は部活や趣味に没頭して体を鍛えることが

高校生や大学生以降になって

 

本気で成果を出す必要があるときに、

体力と気力で成果を出す土台ができるかもしれないのです。

 

公立トップクラスの高校への合格者は中学受験経験者が

中学受験で運よく志望校へ合格して進学することもよい体験ができたかもしれませんが、

周りが優秀な人に囲まれて、

 

劣等感を持つよりも、公立中学でトップクラスの成績を

維持するもの悪くはないです。

 

結果的に中学受験経験者が県立千葉、県立浦和、浦和一女、川越、川越女子

などの有名な公立高校へ合格している実態もあります。

 

勉強の習慣ができていて、学ぶ楽しさを

習得できたことは中学受験のメリットでもあります。

 

2015年ノーベル賞受賞した梶田隆章教授も大村智教授も公立中高校出身でスポーツをやっていた

2015年に日本人でノーベル賞を受賞した梶田隆章教授と大村智教授は

地方国立大学出身でしかも公立高校出身者です。

 

梶田教授は弓道を高校大学と部活で励んでいました。

 

大村教授はスキーで国体選手にもなっていたくらいです。

 

子供の頃からほとんど勉強などせずにのびのびと育ったから

余力が残って、大学を卒業してからも学び続け創造的な成果をあげています。

 

受験に勝つことだけを目標にする学び方では

1つの正解を正しく正確に導き出す

人工知能のような発想法になってしまう弊害がないでしょうか?

 

アップルの創業者のスティーブジョブズが言った

「ステイ フーリッシュ・・愚か者であれ」という名言もあります。

 

この名言を私なりに解釈すると、

「人工知能の東ロボくんみたいな画一的な考え方や発想をするな!」

とも聞こえてきます。

 

「天は二物を与えず」という諺があるように、

受験で勝ち続けることで失うものもある気がするのです。

 

その意味では、中学受験で失敗して公立中学へ進学することは

違う何かを得られるチャンスだと思いませんか?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析