センチュリー21 CM 出演者のケイン・コスギみたいな人は実際の店舗にいるの?




センチュリー21CMにの出演者するのは

ケイン・コスギさんです。

 

センチュリー21の制服というかトレードマークが

黄色いゴールデンジャケットです。

 

ケイン・コスギさんを起用した好感度の高い

演出と一般的な不動産会社の営業マンの雰囲気について見ていきます。

 

 

センチュリー21のCMの出演者=ケイン・コスギさんは好感度が高いが、実際の現場は?

ケイン・コスギさん(1974/10/11生まれ)はCMでは

若々しく見えますが、もう40代を突破しています。

 

相変わらず運動神経の良さがCMにも出ていて、

好感度が高いのですが、

 

実際にセンチュリー21に加盟しているお店に

物件探しに相談に行っても

 

ケイン・コスギのような人がでてくるわけではありません。

 

どちらかというと、不動産屋さんのイメージは

男性女性ともに太っている営業マンです(笑)

 

そして不動産屋の営業マンの印象は

動きも機敏ではなく、ものぐさな雰囲気ですね。

 

ですからケイン・コスギさんのような雰囲気を持った

営業マンが出てくるような期待はしない方がいいかもしれません。

 

CMではケイン・コスギさんは黄色いセンチュリー21の

制服を着て、赤いネクタイをしているのですが、

 

おそらく、センチュリー21に加盟しているお店に行くと

ゴールデンジャケットは着用していると思います。

 

ほかの不動産会社では制服がないので、

個人的には気持ち悪いです。

 

また、CMに出演しているときに着用している

赤いネクタイも必ずしもいい印象は得られません。

 

もっと落ち着いたブルー系のネクタイの方が

無難な気がします。

 

 

センチュリー21CM「地元のこと、もっと詳しく!」篇でケインは地元を熟知しているというのですが本当か?

センチュリー21CM「地元のこと、もっと詳しく!」篇では、

センチュリー21は地元を知り尽くした不動産会社のネットワークで、

地元のあれやこれやを知っていますとナレーションが流れています。

 

何を言いたいのかといえば、センチュリー21のお店は不動産の

プロフェッショナルですということですね。

 

ただし、地元のことを知らない不動産会社なんてあるんでしょうか?

 

不動産会社が地元を知り尽くしているかどうかは、

実際はお店に行ってみないとわかりません。

 

しかも、最近はネットからの問い合わせが増えているはずですから、

必ずしも地元の物件だけを取り扱う

 

昔ながらの不動産会社の

スタイルではなくなっているはず。

 

ユーザーの要望に応じては地元以外の

物件も取り扱う必要がでてくるのでは?

 

つまり、自分が探している物件がある地域のことを

本当に熟知していて間違いのない助言がえらえるかは

体験してみないとわからないということです。

 

三井のリハウスCM 「まっ先に進化」篇の綺麗な街並みのロケ地についてはこちら!

 

不動産会社も何社か回ると思いますが、

本当に地域のことを熟知したプロに出会いたいものです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析