福田真嗣説ではダイエットの鍵は腸内フローラであり糖質制限ではない?




炭水化物を取らない糖質ダイエットが流行しています。

 

ダイエットというのは糖質をカットすることで

得られるという考え方です。

 

炭水化物を取らないで肉類を増やす方法でダイエットをする根拠は

「腸内細菌の分布を表す腸内フローラ

という考え方では目先的なものであることがわかってきました。

 

福田真嗣式「腸内フローラ改善法」本執筆までの経歴についてはこちら!

 

福田真嗣農学博士が情熱大陸で公開した日本人の平均的な

腸内フローラにダイエットの基本的な考え方が隠されていました。

 

 

福田真嗣農学博士が情熱大陸で公開した東京の平均的な腸内フローラの特徴とは?

福田真嗣農学博士が情熱大陸でアジアの地域における

日本人と海外の腸内フローラを比較してみると、

 

東京都(日本)と北京(中国)の腸内フローラの特徴は

脂質を分解する腸内細菌が比較的多く住み着いていることが判明しました。

 

東京や北京の人たちが肉食が多いことを示していて

色の欧米化がアジアのほかの国々と比較した特徴でした。

腸内フローラ

腸内フローラ

 

一方で、「タイのバンコク」や「インドネシアのジャカルタ」

の人たちの腸内フローラの特徴は

 

糖質を分解する腸内細菌が多く住み着いているのが

特徴的でした。

 

糖質制限ダイエットは日本人の腸内フローラの特徴に合わせた方法か?

東京と北京の腸内フローラの特徴は脂質を分解する腸内細菌が多く、

比較的糖質を分解する腸内細菌がすくないという特徴かららわかることがあります。

 

日本で最近流行している

炭水化物を摂取しないようにする糖質ダイエットというものが

日本人の腸内細菌の特徴を反映させている

というふうにも考えれれるのです。

 

糖質ダイエットに一定の効果があると思われるのは

日本人の腸内フローラの特徴は糖質を分解する腸内細菌よりも

脂質を分解する腸内細菌が多く住み着いているから、

 

糖質をカットして肉食にシフトすれば、

腸内フローラの特徴にあった食事の仕方になるので、

 

ダイエット効果が生まれるという解釈ができそうです。

 

ただし、各個人の腸内フローラには特徴があるので、

必ずしも糖質制限ダイエットが効果的かは

 

その人の腸内フローラ次第といえます。

 

福田真嗣農学博士の解釈では食習慣が腸内フローラを作り出している

 

福田真嗣農学博士によると、長期的な食生活、食習慣が

腸内フローラをつくりだすのであって、

 

腸内フローラに合わせた食生活をすることが

ダイエット効果につながるとは言えないでしょう。

 

長年、お米などをよく食べている人たちは腸内フローラが

糖質を分解する腸内細菌が多く住み着いている可能性が高く、

 

毎食、ご飯を食べたとしても太らない人たちが

確実にいるのです。

 

ですから、炭水化物ダイエット、や糖質制限ダイエットは

効果があるということは

 

目先的な対応策であって本当に健康的な腸内フローラを

生み出すようなダイエット方法なのかといえば、

 

食生活のバランスという意味では必ずしも

効果があるとは言えないのではないと解釈できます。

 

ダイエット効果に影響を与えるのは腸内フローラ次第であることが実験的に証明されていた

福田農学博士が感動した論文の紹介では

 

太っている人の便からとった腸内フローラをマウスに移植する実験では

太った人の腸内フローラを移植されたマウスは

 

太った人の腸内フローラを移植されていないほかのマウス

よりも太ったということも判明しました。

 

 

痩せるか太るかも腸内細菌に影響を受けていることがわかったので、

現状の腸内フローラの状況を変化させることのほうが

根本的なダイエットにつながるということです。

 

また、腸内細菌を調整することが肥満解消やガン予防

にもつながるという報告もあります。

 

ダイエットを成功させるには痩せている人の

食習慣を真似ることが

 

痩せている人に特徴的な腸内フローラを形成して

ダイエット成功につながる可能性があります。

 

 

目先的な糖質制限ダイエットとい視点ではなく、

痩せていて健康的な人の食生活のあり方を

取り入れていくべきでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析