小林麻央さん、胃痛の原因は食べすぎか?対処法や予防策とは?



海老蔵さんの妻で、乳がんで闘病中の小林麻央さんが、

ブログで、このところ、胃痛が続いていると告白しています。

 

麻央さんが薬を服用しているせいなのか、

不安があるためなのかと原因をつかみかねている様子です。

 

確かに、胃痛は気持ちのせいでもあるのですけれども、

必要以上に食べすぎることによって胃腸の病気になることがあります。

 

胃腸は体を支えている大切な臓器ですから、

いたわる必要がありますね。

 

麻央さんに限らず、胃腸病を予防したり、

胃腸病に対処法にはどんなものがあるのでしょうか?

 

小林麻央さん、胃痛を告白

胃痛が続いているのは薬のせいなのか、不安があるせいなのかと

原因がつかみかねている麻央さんです。

 

真央さんは現在、人参ジュースや

暖かいお茶を飲んだりして、養生しているということなのですけれども、

 

いかに、人参ジュースがガン予防やがん治療に効果があったとしても、

量が多すぎると

 

体内の水分が過多になって、漢方でいう

水毒の状態になってしまいます。

 

麻央さんも、ニンジンジュースはがんに良いといわれているとされていますが、

万人に効果があるわけではなくあくまでも、

自分自身での取り組みであることと警告をしています。

 

小林麻央さんの胃痛の原因は食べすぎかも?

実際には、麻央さんの症状やライフスタイルを完全に

知っているわけではありませんけれども、

 

体に良いものを食べて乳がんと闘うという気持ちが強く、

食べすぎている可能性はありえるのではないでしょうか?

 

麻央さんは、料理や食材についてもこだわりを持っています。

⇒小林麻央が料理に利用する蜂蜜はがん予防と糖尿病予防効果がある!
をご参照ください。

 

東洋医学を利用してイシハラクリニックを運営する

石原結實先生の著書

「病気の「サイン」に素早く気付き病気は自分で治す」では、

 

胃炎、胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎などの胃腸病について、

次のように助言しています。

 

どんな胃腸病もそうであるが、その人の胃腸の力に対して、

飲食物が多いからこそ胃腸に負担がかかり、

病気を起こす、といっても過言ではない。

胃腸を治すために一番大切なことは、

腹六~七分以下の量をよくかんで食べ、

1日二食いかにする、お腹を温める、

この2点に尽きる。

出典:病気の「サイン」に素早く気付き病気は自分で治す

 

小林麻央さんの周囲の人がお見舞いとして、

いろいろな食べ物を提供してくれたり、

 

麻央さんが自ら積極的に選んだ食べ物でも、

取り過ぎることがないようには注意をしたいものです。

 

胃痛の予防法や対処法は?

「病気の「サイン」に素早く気付き病気は自分で治す」では、

胃腸病の予防や対処法として、

 

  1. キャベツを多用する。
  2. 梅番茶(あるいはシソの葉入り生姜湯)を1日2~3回飲む。
  3. 黒豆を黒砂糖で煮て毎日食べると胃腸の炎症、潰瘍によく効く
  4. ハラマキやカイロでお腹を温める
  5. 腹筋運動をして、自然のハラマキである腹筋を強くする

 

といった5つの方法を教えてくれています。

 

キャベツの使い方や梅ばん茶の作り方については、

病気の「サイン」に素早く気付き病気は自分で治す

で具体的に説明がされています。

 

胃腸病に悩む人だけではなく、

がん、日常的にかかりやすい病気、

肝臓、腎臓、膵臓など、

 

あらゆる病気について、対処法が分かりやすく記載されているので、

一読をお薦めします。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析