マイナス金利のデメリットとは?副作用としてハイパーインフレの可能性も!



日本の経済政策では歴史上発のマイナス金利

日銀の黒田総裁が2016/1/29に決定しました。

 

今回日銀が発表したマイナス金利の利率は

マイナス0.1%です。

 

家計や企業の銀行にあずけいれる時の預金金利はマイナスにはなりませんが、

銀行が日銀に預け入れる当座預金の一部に対して、

マイナス金利が適用されます。

 

日本経済の歴史でマイナス金利の実施は初めてのことですから、

経験としてのメリットやデメリットはマイナス金利の副作用は

未知の分野になります。

 

また、世界経済をみてもマイナス金利を導入したスウェーデンも

最近のことで、副作用については経験をしたことがないだけに、

 

マイナス金利にデメリットについては心配する人たちも

多いのが現状です。

 

マイナス金利が適用された時のデメリットや副作用として

考えられるハイパーインフレと対策について見ていきます。

 

 

マイナス金利を発動円安が進行した!インフレを進行させる効果がありデメリットはとは?

日銀が歴史上初めてマイナス金利を発動したのが

2016/1/29金曜日の午後です。

 

為替相場ですが、1/29の値動きは

1ドル118.794円でスタートしました。

 

ところが、マイナス金利を発表すると一気に円安に動きました。

 

為替は1ドル121.678ドルまで進行しました。

 

つまり、マイナス金利というのは円安を進行させますから、

日本の多くの大企業がグローバル展開する輸出型の企業ですから、

 

為替が円安になることで企業業績が向上する思惑が働いて、

株価も大きく上昇しました。

 

このように考えるとマイナス金利は円安を生み出し、

輸出比率の高いグローバル企業にとってはメリットも多く

 

株高という資産効果がでるので、

日本経済にとってメリットがありそうです。

 

その一方でデメリットというのは円安によって輸入価格が高くなることです。

 

例えば、ガソリン価格は為替が円安になると

日本国内での価格は値上がりします。

 

ガソリン価格と同様のことが、輸入品である

コーヒーやその他多くの食品価格についても

上昇傾向になる可能性がでてきます。

 

そして、この物価上昇こそが日銀が狙う

年率2%のインフレ(物価上昇)というデフレ脱却後の

目標だったわけで狙い通りの動きになりそうな気配です。

 

マイナス金利によって市場にマネーを供給し為替を円安にする効果があるが、銀行は運用難がデメリット!

日銀はこれまで大量の国債を買い付けてきました。

 

国債を保有していた銀行は日銀に国債を

買い取ってもらっていました。

 

超低金利でしたから高値で日銀は銀行から

国債を買い取っていました。

 

銀行は日銀に買い取ってもらった国債で現金ができましたが、

貸付する先を確保できずに、

 

日銀の当座預金に大量の現金をあずけたままにしておきました。

 

日銀の当座預金金利がプラス0.1%で、銀行が日銀から金利を

受け取ることができたのですが、

 

今後はマイナス0.1%の金利になりますので、

銀行は日銀からお金を引き上げる必要がでてきます。

 

日銀の狙いはこれまで量的金融緩和を行っていたにも関わらず

お金が銀行が日銀に預け入れる当座預金に

 

入ったままになっていることを解消して

市場の現金を流出させることです。

 

金融緩和によって市場に潤沢にお金を流し込むことで

物価を上昇させようとしてきた目的が達せられなかったために

日銀はマイナス金利政策を決定したと推測できます。

 

また、日銀が為替介入をして円を売ってドルを買う為替介入をしなくても、

銀行が日銀の当座預金からお金を引き出して、

 

高金利通貨のドルを買う動きが期待できますから、

円安方向に動くという読みもあったでしょう。

 

以上が、マイナス金利政策発動で円安が進行した理由です。

 

日銀がマイナス金利政策のデメリットは銀行にとっては

運用しなくても金利が0.1%もらえたものが、

0.1%支払う必要が出てきます。

 

銀行にとってはより高いリスクをとって

お金を運用する必要性がでてきたと言えるでしょう。

 

 

銀行は住宅ローン金利を下げる方向に動いたが、預金者にはデメリットか?

銀行から融資を受ける人たちはこれまで以上に金利が低下傾向か

超低金利が継続するメリットがあります。

 

大手銀行は最優遇の10年固定金利を1.1%から1.05%に

引き下げる方向がでてきました。

 

一方で預金金利は今まで以上に超低金利が

継続することになるので、

 

多額の現金を預金している人たちにとっては

金利収入は増えないか減る傾向になるというデメリットがあります。

 

なおかつ、マイナス金利によってインフレ傾向が顕著になってくると、

お金の価値が減っていきますから

 

銀行へ預金をすることだけではお金を貯めるだけで、

増やすということが一層難しくなります。

 

預金金利引き下げの動きが銀行にでてきたことが預金者にとってデメリットか?

インターネット専業銀行の「ソニー銀行」は

普通預金の金利を0.02%から0.001%まで

引き下げました。

 

勿論、ソニー銀行だけではなく、他行も預金金利引き下げに動いています。

 

現金を大量に保有する預金者にとってのデメリットが明確になってきた

感じです。

 

お金を増やすにはリスクをとって株式市場で

株式を売買したり、

 

為替リスクがある外貨預金などで運用する必要性が出てきます。

 

安全思考で現金を多く保有したい人にはメリットが小さく、

むしろデメリットになるでしょう。

 

一方で投資などのリスクを取れる人にとっては

円安や株高によって資産を増やすチャンスが

再度、復活した兆しが見えてきます。

 

マイナス金利政策による副作用は経済学的に

検証されたデータなどがなく、

 

少し前にユーロ圏で実施した国があるだけです。

 

ゆうちょ銀行株は買いか?今後の株価と住宅ローン金利についてはこちら!

 

 

前人未到のマイナス金利政策がどのような副作用があるのかが、

経験した国がないことが最も大きな脅威であり、

 

将来的には予知できなかった

大きなデメリットにもなりかねません。

 

国はマイナス金利で国債発行が可能に!マイナス金利は増税の意味もある点が国民にはデメリットも

国は大量の国債を発行していますが国債の利回りが

マイナス金利発動後に低下しています。

 

また、今後国は、マイナス金利で国債を発行することすら

可能になります。

 

マイナス金利で国債の金利低下して国債へ投資した時の

リターンが低いということは実質的には増税と同じです。

 

本来は預金者や国債を購入した人に入るはずの

金利は借金が多い国のメリットになっているからです。

 

マイナス金利のメリットは不動産価格の上昇でデフレ脱却!副作用は金利上昇とハイパーインフレか?

マイナス金利の影響でデフレ脱却を通り越して、

不動産価格の上昇がインフレ効果とて現れることは

日銀がある程度狙っているでしょう。

 

マイナス金利のメリットを享受してほしいとメッセージを送るのは

お金を使ってもらって経済活動を活発にして、

インフレ気味にしたいからです。

 

マイナス金利の運用をどこまでやるかは未知数ですが、

やりすぎると不動産取得競争やバブルの再来が

 

場所によってはありえます。

 

不動産バブルだけではなく、円安進行によって

輸入物価も上昇傾向になりますから、

 

あらゆるものの値段は上昇しやすい環境を作っているのが

マイナス金利です。

(預金することが、相対的に物の値段との比較で損をする状況)

 

不動産バブルだけではなく金利急上昇を伴った

ハイパーインフレになって

お金の価値がどんどん目減りすることになれば、

 

日本でも戦後経験した預金封鎖なども視野に入ってきます。

 

お金をたくさん持っていた人は貧乏になって、

不動産などの物で所有をしていた人は

 

ハイパーインフレの副作用から身を守ることができます。

 

ハイパーインフレになってマイナス金利から一転、

金利急上昇の副作用が始まると

 

持家がある人は恩恵がある反面、

変動金利での住宅ローンを組んでいる人は

大変なデメリットにもなります。

 

対策としてはフラット35のような長期間

固定金利商品で持家を購入すれば、

 

不動産価格の急上昇の恩恵を受けながら、

金利は上昇しないというリスクヘッジを

することができます。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析