小林麻央 帯状疱疹の原因は抗がん剤治療や運動会の疲れ?



小林麻央さんがブログで皮膚科を受診して、

帯状疱疹であることが報告されました。

 

乳がん治療のために行っている

抗がん剤治療と

帯状疱疹の原因には関連があるのでしょうか?

 

小林麻央 ブログで帯状疱疹を報告

小林麻央さんは、帯状疱疹が体からのサインと

退院後も、無理せず安静すするべきだと

コメントしています。

 

麻央さんは、最近、自宅近くの代官山「トムスサンドイッチ」に

家族と一緒に楽しいひと時を過ごしています。

 

当たり前のようにいつものお気に入りのお店に行ける

ありがたさを感じているのですけれども、

 

人混みが多い場合はこれから、

風邪の季節ですから控えた方が無難です。

 

その理由を帯状疱疹にもあらわれているのです。

 

 帯状疱疹は抗がん剤治療が原因にも!

小林麻央さんの帯状疱疹の原因は何かはわかりません。

しかし、一般的には、

 

帯状疱疹は抗がん剤治療を受けている人に

時々でる症状です。

 

その理由は、抗がん剤治療によって、

感染に対する抵抗力、免疫力が落ちているために、

帯状疱疹を合併しやすくなってしまうのです。

 

ただ、がんそのものの症状ではないので、

小林麻央さんのように皮膚科を受診して、

重症化しない様に治療をすることが大切です。

 

そして、帯状疱疹がでやすいのは、

麻央さんが患っている乳がんだけではなく、

 

血液のがんとされる悪性リンパ腫など、

あらゆるがん患った人が抵抗力が落ちているために

かかるものです。

 

そして、帯状疱疹の原因はズバリ、ウイルスなのです。

 

ですから、麻央さんも抵抗力が落ちているところに

ウイルスに感染したというのが実情ではないでしょうか?

 

免疫力をあげる方法については、

⇒免疫力を上げるNK細胞活性化方法とは?リンパの流れに秘密が!

をご参照ください。

 

麻央さんは帯状疱疹の人から感染したのでは?子供にうつる?

 

帯状疱疹は帯状疱疹の人から感染はありません。

ですから、麻央さんが帯状疱疹だからと言って、

家族や子供にうつるという心配はないでしょう。

 

帯状疱疹になりやすい状況とは?

麻央さんの場合には、抗がん剤治療という

特殊な状況があります。

 

抵抗力が小さくなって内在していたウイルスが

動き出してしまっても仕方がない状況です。

 

でも、病気をしていなくても帯状疱疹が出る場合があります。

 

仕事で疲労困憊していたり、

ストレスがたまって免疫力が低下する場合も

帯状疱疹が出やすいと言われます。

 

連休明けの疲れが出やすい時期に発症しやすいといわれますが、

3連休の運動会の後で、

 

小林麻央さんもちょっと疲れがでたのではないでしょうか?

 

いつもの人参ジュースを飲みながら休養しましょう。

 





関連記事:


One Response to “小林麻央 帯状疱疹の原因は抗がん剤治療や運動会の疲れ?”

  1. もと帯状疱疹者 より:

    帯状疱疹は感染らないですが,水疱瘡としては感染る可能性があるのではないのでしょうか

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析