椎木里佳 初著書「女子高生社長、経営を学ぶ」=本の内容とは?



椎木里佳さんの初著書『女子高生社長、経営を学ぶ』が

ダイヤモンド社から2016/2/1出版されました。

 

椎木里佳さんは都内私立高校に通学する高校生であり

起業家です。

 

の目次は公表されていますので、

本の内容を椎木里佳さんのTwitterから推測してみましょう。

 

 

『女子高生社長、経営を学ぶ』1時間目まず一歩を踏み出す勇気 行動力と経営マインドを学ぶ

タイトルにあるように、まず一歩踏み出す勇気や行動力がなければ

企業や経営はできません。

 

言うは易く、行うは難しの典型的なものが

「まず一歩を踏み出す勇気 行動力と経営マインドを学ぶ」

というフレーズに入っている気がします。

 

起業家のマインドを維持するには名経営者の

名言が心のよりどころになります。

 

 

 

2時間目自分の強みを見つけよう!セルフブランディングとストーリーの大切さを学ぶ

 

自分の強みを見つけるということについては

本の内容をダイヤモンド編集者の人が

コメントしています。

自分の強みを認識できれば起業する勇気が湧いてくるかもしれません。

 

そしてセルフブランディングをして注目をあびると、

ネットでも注目されるようになりますね。

 

 

3時間目パパ、自分の会社をクビになる!ビジネスに付きものの逆境とリスクを学ぶ

起業してビジネスを始めたはいいが、逆境はつねにやってきます。

 

困難は乗り越えるためにやってくると捉えられないと

ビジネスを継続はできないです。

 

 

4時間目最強のビジネスモデルってなんだろう?大資本に負けないビジネスモデルを学ぶ

最強のビジネスモデルがなにかがわかったらすごいことです。

こんなことこそ、学校では学べないことでしょうね。

 

大資本に負けないビジネスモデルをみつけることが、

起業するということなのでしょう。

 

 

 

 

5時間目これからの働き方を考えよう!ネット時代のチームマネジメントと人間関係を学ぶ

椎木さんの働き方の根底にある考え方とは?

 

 

 

6時間目上場するとどんないいことがあるの?

企業経営者にとって上場するというのは

大きなハードルです。

 

 

 

上場企業を顧客にもつ「ねたきり社長=佐藤仙務社長」が経営する仙拓についてはこちら!

 

 

上場するためにも成功者の知恵は必要でしょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析