ベッキーは不倫で川谷絵音=夫を略奪される妻の気持ち考えるべき!




ベッキー川谷絵音不倫報道をスクープした

週刊文春は世直しを使命としている感じがよく伝わります。

 

独身のベッキーがパートナーを探すのは自由なことですけれど、

既婚者、妻帯者を相手に不倫をするのは、

 

平穏に暮らす家庭を破壊するという意味で

提訴されてもおかしくない行為です。

 

不倫から発展して略奪してしまえば不倫関係から夫婦関係になり

いかにも不倫が正当化されたようにも見えますが、

 

ベッキーは自分の幸せだけではなく、「不倫された配偶者」=「川谷絵音の

」の気持ちを考えるべきです。

 

 

ベッキーは不倫相手川谷絵音に妻の気持ちをよく考えて行動すべきだった!

ベッキーに限らず、独身の女性が既婚者である男性と不倫をするのは

目先の自分の幸福をもとめているからです。

 

でも、よく考えて欲しいのですが、

川谷絵音の妻は不倫を知らなければ

平穏な気持ちで過ごせるかもしれません。

 

ただし、ベッキーと夫の川谷絵音の不倫に妻が気づいたら、

怒りや悲しみなどの感情が爆発すると思いますよ。

 

ベッキーが自分の幸せを追求することで、

不倫相手=川谷絵音の妻の気持ちを傷つけていることの

重大さに気づくべきです。

 

川谷絵音は妻と結婚という契約をむすんでいるわけですから

不倫は契約違反です。

 

 

ベッキーのタレントとしての使命は仕事は番組などを通じて、

視聴者をハッピーにすることではないですか?

 

たった1人だけでも、失意のどん底に陥れるような行動は

理性で慎むべきなんです。

 

ベッキーは川谷絵音を妻から略奪して不倫を正当化する行為は感心できない!

既婚者だったとしても、川谷絵音が妻と正式に離婚してくれれば

ベッキーは川谷と結婚できます。

 

略奪婚で不倫を正当化して幸せな家庭を築くのは

1つの生き方かもしれませんが

 

略奪された妻のその後の人生を考えてみてください!

 

川谷絵音と晴れて結婚して幸せな新婚生活を送っていた。

 

その後も人生のいろいろなイベントを夫の川谷絵音と

楽しいことも苦しいことも乗り越えていく

 

暖かい家族が何十年と続くはずだったのですが、

不倫相手のベッキーが川谷絵音の妻の人生を

途中で軌道修正させているのです。

 

好んで離婚したい女性は少ないでしょうし、

離婚した後、自分の人生を立て直していく必要があります。

 

仕事を見つけて、住む家を決めて、

心の整理にも時間がかかるかもしれません。

 

ベッキーが川谷絵音と不倫をするということが、

陰で泣いている人を生み出しているという事実を認識すべきなのです。

 

ベッキーに足りないのは人の気持ちを思いやる心です。

 

週刊文春は不倫をする違法性のある誤った人を浄化する使命感が伝わってくる

週刊文春のスクープ能力には脱帽します。

 

週刊文春はスクープをネットで募集していますから、

今後も読者からの情報を基にして、

事実なのかの裏を取る調査をするでしょう。

 

その調査能力が高いこと、記事を配信する順番が

スクープされる側を絶句させるほどの脅威があることが

ベッキーの不倫騒動でよくわかりました。

 

ベッキーも川谷絵音も下手なことをいうと、

週刊文春からのまだ書いていない記事がさらに出てくるという脅威を

感じているでしょうか?

 

週刊文春のお蔭で、不貞行為の証拠が多く存在しますので、

訴訟で勝訴する確率が高いので、

 

私が川谷絵音の妻だったら夫と不倫相手のベッキーに対して提訴します!

 

 

週刊文春の不倫をするようなことがどんなにあくどいことなのか、

世の中を浄化しようとする使命感が伝わってきます。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析