見栄晴の母親は借金を肩代わりすべきではなかった!



見栄晴さんは過去に、母親にギャンブルによる

借金を肩代わりしてもらった経緯があります。

 

今でも多くの家庭で起こっている社会問題とも言えます。

 

見栄晴さんの母親は家族だから身内だからという理由で、

子供の借金を肩代わりする必要があったのでしょうか?

 

 

見栄晴が借金をしていたのはサラ金から?

ギャンブルにはまって、負けを取り返すために借金をする人が多いのですが、

使い道自由な借金の方法は、消費者金融のキャッシングしかありません。

 

つまり、見栄晴さんはギャンブル依存してしまい、

負けては借金をして、再度ギャンブルで取り返そうとして、

またやれれる連続だったはずです。

 

消費者金融の借金の返済の為に、また別の消費者金融に借金を申し込むという

ことになると、最終的には多重債務者となってしまい、

返済が不可能になります。

 

借金の返済ができない時、消費者金融は家族に対して、

「肩代わりのお願い」をしてきます。

 

見栄晴さんのお母さんは人道的に考えて、自身の息子が借金の返済をできなくなった時に、

消費者金融会社から、

「見栄晴さんに、ご融資したのが返済してもらえてなくて困っている」

とあたかも被害者を装い肩代わりの打診をしてきたはずです。

 

つまり、見栄晴さんのお母さんに700万円の肩代わりをさせた相手は

消費者金融だったはずです。

 

ただし、実は母親だからといって息子の借金の返済をする必要はなかった可能性が高いです。

 

消費者金融は保証人なしで無担保無保証で融資をしている!見栄晴の母は保証人ではなかったのでは?

消費者金融から、金を借りるときに、親に対して

「サラ金から借金をするから保証人になってくれ」

とお願いできる息子がいるでしょうか?

 

サラ金からの借金は知られたくないものだし、

内緒で借金することが多いのが実情ですよね。

 

しかも、使い道がギャンブルとかゲームセンターでのレジャーだったら

なおさらです。

 

見栄晴さんも母親の連帯保証人をつけて正々堂々と

借金をしたということではなかったはずです。

 

消費者金融は簡単に借りれる無担保無保証であるから借りやすいわけです。

 

結果的にお金を借りた債務者=見栄晴さんが返せないからといって、

保証人を承諾したわけでもない母親は肩代わりをする必要など一切ないのです。

 

見栄晴さんのお母様は返す必要がないお金を融資先に返済してしまったことこそ、

しくじりです。

 

しかも、1回肩代わりをしてやると、それが何度も繰り返されるという事実がりあります。

 

⇒間寛平が借金地獄に落ちた保証人の肩代わりリスク

の記事ように保証人であれば肩代わりする義務が

 

発生してしまうので親子でも、

注意する必要があります。

 

 

母親の肩代わりの為に、見栄晴は借金癖がついてしまった!

見栄晴さんは借金返済ができなくなったピンチになったときに、

自分が働いで借金を返済することなしに、

母親の肩代わりを利用して困難を避けて通ってしまいました。

 

その結果として、借金癖が付きます。

 

見栄晴さんはしくじり先生として母親に700万円の借金を肩代わりさせたと

いうのですが、一度に700万円ではなく

 

  • 1回目 借り入れ3社で100万円
  • 2回目 借り入れ4社で100万円
  • 3回目 借り入れ5社150万円
  • 4回目 借り入れ5社150万円
  • 5回目 借り入れ8社250万円

 

といった具合に、何度かに分けて借金を肩代わり居させているのが

キャッシングで親が肩代わりするお決まりパターンです。

 

親の金が底をつくまで肩代わりを繰り返すつわものもいます。

 

1回目ぐらいは仕方がないとしても、700万円まで親に肩代わりさせるのは、

相当な浪費家です。

 

見栄晴の母親は肩代わりせず、どうするべきだったのか?

肩代わりする弊害は借金癖が付いてしまうことや、

子供の成長を妨げます。

 

お金はもらえるものという意識をつけるより

お金は苦労して稼いだ大切なものという意識があれば、

ギャンブルで負けてお金をなくすことがなくなります。

 

肩代わりをすることは拒否したうえで、

自力で返済する努力を促すことや

 

完璧にギブアップであるなら、弁護士を入れて

債務整理か破産をするほうが本人の為です。

 

債務整理や破産をすることは金融機関からの信用を

失いますので借金ができなくなります。

 

借金癖がついて多くを失う生き方よりも、

不自由ですが借金できないことの方が有益ではないでしょうか?

 

見栄晴の競馬好きからわかる通りギャンブルからは生涯抜けられない!

ギャンブルで借金を作るくらいのギャンブル好きは

楽をしてお金を得ようとする発想から抜けられなくなっています。

 

生涯治らない中毒かもしれません。

 

お金を借りるもの同じで習慣になってしまうと

入ってくる予定の金を当て込んで

今、手元になければ借金をします。

 

ダメだとわかっていても治ることはありません。

 

見栄晴さんが競馬好きは有名です。

東京競馬場が実家至近にあり、母の店にも競馬場利用者が多く、彼らにも幼少時代からかわいがられていたことから競馬の熱烈な愛好者になる。

競馬情報番組の司会も務め、クラブ法人であるゴールドホースクラブの代表取締役も務めた。

以前、木梨憲武とは共通の趣味である競馬を通じて親交があった。

一時期『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』のレギュラーとして出演していたが、

これは木梨の馬券購入のお使いをしてきたお礼に出演させてもらっていたという逸話がある。

出店:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%8B%E6%A0%84%E6%99%B4

 

本当の意味で反省をしていないのは、

母親の肩代わりが影響しているのではないでしょうか?

 

しくじり先生として見栄晴先生が反省したこととは?

昭和を代表する国民的バラエティ番組「欽ちゃんのどこまでやるの!」で萩本欽一さんの息子役として人気者だった

見栄晴先生が登壇!もうすぐ50歳を迎える見栄晴先生は、人生で一度も夢や希望を抱いたことがないと告白。

さらに「欽どこ」で大ブレイクしたものの、タレントとして腕を磨くこともなく、今まで運まかせで生きてきた「無気力人間」だと激白。

そこで今回は、無気力のまま生きて、死ぬ前に後悔しないための授業を展開します。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/shikujiri/

夢や希望がないというのは、確かに無気力人生につながります。

 

夢なきもの 理想なしともいいます。

 

見栄晴さんにとって、お金だけが大切な価値観の1つになって

しまってはいないでしょうか?

 

借金をした人の夢は何だと思いますか?

多重債務で苦しむ人の夢は「借金が0になることです」

 

過去に経験した借金返済の夢を

引きずっている可能性はないでしょうか?

 

ドカベン香川がローンと税金滞納で競売になった新築一戸建てについてはこちら!

 

お金よりも大切なものを見出した時に、

夢や理想、目標が生まれてくる気がします。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析