マイホーム購入の失敗例「太陽光パネルの反射光」で熱中症に!




東日本大震災後、太陽光発電を促進するために売電した電気の

固定価格買い取り制度ができて以来、

 

比較的ローリスクな投資先として、農地などへも

太陽光パネルの設置が進んでいます。

 

時々、住宅が建築されている住宅地に離接する農地などの

空き地に太陽光パネルが設置されているケースがあります。

 

マイホームを建築するにあたって

太陽光パネルがすぐ近くにある物件を購入するときに注意したいのが、

太陽光パネルの反射光による熱中症になって訴訟になっている失敗例です。

 

 

太陽光パネルの反射光で室温52度で熱中症になった事例とは?

 

わが家は地獄に変わった…「太陽光パネルで熱中症」”室温52度”

 

「ゆっくり老後を過ごそうと建てたわが家は地獄に変わった」。兵庫県姫路市に住む建設会社役員の男性(65)は訴えた。

昨年9月、太陽光パネルの反射光で自宅が照らされて室内が猛烈に暑くなり熱中症にかかったとして、

男性は発電施設開発会社「JAG国際エナジー」(東京)に損害賠償とパネル撤去を求めて神戸地裁姫路支部に提訴した。

出典:http://www.sankei.com/west/news/160119/wst1601190006-n1.html

 

新築で注文住宅で建築したマイホームです。

 

建設会社で役員をしているくらいですから、

住宅建築についても玄人だったはずですが、

周辺環境の変化までは読めなかったかもしれません。

 

空き地があるということはその時はよくても、

後で後悔するときが来るかもしれない事例です。

 

太陽光パネルと住宅街の位置関係や熱中症になった経緯は?

訴状などによると、平成26年6月ごろ、JAG側は男性方の東側に隣接する土地約2万平方メートルにソーラー施設を整備。

最も近い太陽光パネルは男性宅から約10メートルの距離に設置され、

全4896枚のうち1296枚の反射光によって照らされるようになった。

 扇風機などを使っても室温は高温に。

昨年8月の1カ月間に2階リビングの室温が40度を超える日が20日間。

50度以上の日もあり、同月8日午前9時16分には52・2度を記録した。

2日後、妻が熱中症で倒れ、さらに数日後には自分も熱中症にかかったという。  

男性側は自宅を照らす1296枚の撤去と330万円の損害賠償を求め、JAG側は争う姿勢を示す。

出典:http://www.sankei.com/west/news/160119/wst1601190006-n1.html

 

このことからわかるのは、10mも離れていながらも、

さえぎるものがなければ

 

太陽光パネルの反射光が入るリスクがあることです。

 

太陽光発電のあった方向は自宅から南方向であれば問題がなかったでしょうけれども、

東方向にあったことで、

 

朝太陽が昇り始めてからすぐに自宅に反射光が当たるようになります。

 

冬の季節であればありがたい話ですが、

夏は地獄になるでしょうね。

 

この方の例は、自宅を建築した後に太陽光発電ができましたので、

提訴できましたから、勝訴できれば失敗例にはなりません。

 

ただし想定外のことが起きたという意味では

土地選びは失敗しています。

 

マイホームの土地探しや中古住宅を購入を失敗しないように太陽光発電にも注意する!

最初から太陽光発電システムがあって、そのあとに近くで土地を購入するときには

要注意です。

 

後から太陽以降パネルが設置されたなら訴えることもできるかもしれませんが、

自分がマイホームを建てるときにすでにあったものについては

住宅を建築した人の完全なる失敗としかいえません。

 

中古住宅を購入するときはすぐ近くにパネルがあるときは、

売主に反射光が入ってこないかをよく聞い手置くこと以外に、

 

朝、昼、午後の反射光の入り方がどうなのか

自身で確認することもできるでしょう。

 

 

太陽光パネルの反射光によるマイホーム購入の失敗を避けるには、冬でなく夏に確認すること

もしも、マイホームの土地探しや中古住宅を冬に探す場合は

反射光があっても心地よく感じる可能性があります。

 

南丹市の新築工事現場に妻の遺体を埋めた事件は建築業者選定の失敗例についてはこちら!

 

購入して初夏になってから、失敗に気づいたといういうことに

ならないように、太陽光パネルの反射光によるトラブルをさいける意味でも

リスクがありそうなときは、夏に決断する方がよい例です。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析