髙橋ひかるが動画で語る、「人生の約束」が大切なものは何かを考えるきっかけに!




2016/1/9から上映されているのが

「池中玄太80キロ」シリーズで有名な石橋冠監督の初映画となる

人生の約束」です。

 

髙橋ひかるさん(14)は映画初出演とは思えない落ち着きぶりです。

舞台あいさつでは、中学生とは思えない挨拶をしています。

 

髙橋ひかるさんが、初舞台挨拶の動画で語った

大切なものが何かを考えるきっかけになった映画、

それは自身が初出演した「人生の約束」です。

 

 

「人生の約束」予告動画

新人の髙橋ひかるさんが、

「大切なもの何かを深く考えるきっかけになった」という

映画「人生の約束」の予告動画をご覧ください。

 

まだ中学生の髙橋ひかるさんが

自分にとって、大切なものは何かを考えさせられた映画です。

 

あなたにとって、大切なものは何ですか?

答えてみてください。

 

大切なものはお金ですか、仕事ですか、

 

もう一度、質問します。

あなたにとって、本当に大切なものは何ですか?

 

やはり会社で仕事を頑張ることですか?

 

髙橋ひかる「人生の約束」初舞台挨拶 動画が大人すぎ!

髙橋ひかるさんのプロフィールを確認すると、

生年月日 2001年9月22日(14歳)
出生地 日本の旗 日本 滋賀県
血液型 O型
職業 モデル・女優(映画)
ジャンル CM、映画
活動期間 2014年 –
活動内容 2014年:第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリ受賞
2016年:映画『人生の約束』に出演
事務所 オスカープロモーション

2014年
第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、芸能界入り。
応募者は8万1031名。一次の書類審査を合格したのは1428名。ファイナリスト21名が本選に出場。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B_(2001%E5%B9%B4%E7%94%9F)

2001年、21世紀になってから生まれた女優さんです。

人生の約束では父を亡くした子供の役を演じます。

 

初舞台挨拶の動画をご覧ください。

 

中学生とは思えない立派な挨拶です。

 

 

映画の舞台になった富山県射水市は監督の奥さまの故郷でもあります。

 

富山県五箇山へ移住して農業を仕事にする考え方についてはこちら!

 

富山にある人情が東京にはない質のものであることに

石橋冠監督が気づいたことが映画化のきっかけです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析