堀北真希は見た!大手不動産会社フランチャイジーのコンプライアンス遵守不足を!




堀北真希さんご夫婦が池袋の不動産会社に来店したことを

Twitterされたことで、炎上し、

 

情報漏えいであることを認めたセンチュリー21ジャパン本部と、

そのフランチャイジーの不動産会社が謝罪文をHP上に掲載しました。

 

直接上場していないフランチャイジーも上場企業並みの

法令順守意識、コンプライアンスの徹底が必要です。

 

 

センチュリー21本部はコンプライアンスの徹底を図ってきたと表現してるが本当か?

 

センチュリー21ジャパンは上場していますのでコンプライアンスの

重視はあるかと推測できます。

 

資本関係はないフランチャイジーについては、

中小企業なので、法令順守意識が薄いのが現状でしょう。

 

つまり、研修を通してフランチャイジーの法令順守意識を徹底的に教育することは

大切です。

 

しかし、その研修は義務にはなっていないでしょうね。

 

新入社員が入社したら必ずセンチュリー21ジャパンの本部で

コンプライアンスを重視する考え方やお客様への対応の在り方について

研修があるかといえば、

 

なかったから、Twitterで堀北、山本来店という暴露が行われてしまったのです。

 

社員教育について、センチュリー21ジャパンやフランチャイジーは

法令順守意識を徹底させる必要がありました。

 

キーワードは徹底力があったかです。

 

中小企業不動産会社によくあるコンプライアンス違反とは?

不動産会社の営業をはたから見ていると、

よくこんなことができるなと、あきれることがあります。

 

皆さんもよく見ているでしょうけれども、

電柱に張り紙をしたり、看板を設置したりする行為です。

 

新築物件などを案内する矢印看板などが、電柱以外にも、

赤い三角コーンに巻き付ける形式で路上に置かれています。

 

警察も見てみぬふりをしていますが、

違法行為です。

 

そこまでして売りたいのでしょうけれども、

大手の積水ハウスなどが分譲地で矢印看板を

 

交差点などで表示するときには必ず人が立って

看板を持っています。

 

ぬいぐるみを着て立っている場合もありますね。

 

法令順守意識が高いからです。

 

センチュリー21ジャパンはフランチャイズ本部ですから、

販売活動をしません。

 

しかし、フランチャイジーは販売活動をするときに、

矢印看板などを無断で道路に置いたりしてないでしょうか?

 

今回のTwitter炎上事件の様に、情報漏えいに関する

宅建業法違反だけではなく、

 

法令を順守するということは

あらゆるシーンで徹底されなければならないのです。

 

  • 大手不動産フランチャイズ本部の意識: 矢印看板の路上設置はダメ
  • フランチャイジー不動産会社: 矢印看板路上設置はみんなやってる

 

このくらいの意識の差があるでしょう。

 

今後、矢印看板の路上への無断設置や電柱へのステカン

には、どの会社がやっているのか、

注意しましょう。

 

法令順守できない不動産会社と関わると堀北真希のような目にあう!

法令を守れない会社から住宅を買ったり、借りたりするのは

リスクが高いことが分かるでしょうか?

 

堀北真希さんはよくわかったと思います。

 

土日を避けて、平日の金曜日にわざわざ不動産会社へ行って、

ばれないようにマスクまでしていったのに。

 

Twitterで夫と物件探しをしていることを

暴露されてしまったわけですから。

 

堀北真希と山本耕史を見込み客にでずTwitterした残念な営業マンについてはこちら!

 

不動産会社を選ぶときはきちんと法律を守れる会社なのかを

日頃から観察しておきましょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析