婚約指輪は4Cのうちカットに拘って北川景子の「ハリー・ウィンストン」並の感動を目指す!



今か今かと待ちわび北川景子さんの婚約発表がありました。

それも、まばゆい輝きのある婚約指輪を披露してくれました。

 

最近はダイヤモンド婚約指輪を買わないという人も増えているのですが、

あまりにコスパを考えすぎた残念な発想です。

 

北川景子さんは「ハリー・ウィンストン」の

高価な眩いダイヤモンドをプレゼントされました。

 

一生に一度の輝かしい人生の門出を祝福する意味でも

婚約者に喜びを越えた感動をプレゼントする意味でも、

 

北川景子さんが「ハリー・ウィンストン」に感動したように

ダイヤモンド評価基準の4Cのうちカットへのこだわりについて。

 

 

北川景子さんがプレゼントされた婚約指輪のダイヤモンド「ハリー・ウィンストン」とは?

 

北川景子さんの婚約に対する喜びを一層引き立たせてくれたのが

価格が1000万円超とも噂される「ハリー・ウィンストン」というブランドの

ダイヤモンドの婚約指輪でした。

 

 

ダイヤモンドは4C((カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティー(Clarity)、カット(Cut))

のグレードが鑑定書に記されております。

 

北川景子さんの婚約指についてわかっているのは

米ハリー・ウィンストン製の「ウィンストン・ブロッサム・エンゲージリング」です。

 

4Cについては、

 

  • カラット(Carat)・・2カラット
  • カラー(Color)・・D,E,Fカラーのいずれか
  • クラリティー(Clarity)・・VS2以上
  • カット(Cut)・・不明

鑑定書を公開していませんから、2カラットであることしか

わかっていません。

 

ただし、ハリー・ウィンストン製のダイヤモンドは

カラーがD、E、Fカラーのいずれかであり、

 

クラリティはVS2以上のダイヤモンドを

使用しているということです。

 

 

北川景子の婚約指輪のダイヤモンドは2カラット!感動を演出するのはカットにこだわる!

ダイヤモンドの輝きを決めるのは4Cが複合的に

関連していると思いますが、

 

中でも、カットについてはこだわりを持って

選ぶと指に乗せた時の感動が違います。

 

カットとはダイヤモンドのプロポーションとも言われます。

  1. エクセレント
  2. ベリーグッド
  3. グッド
  4. フェアー
  5. プアー

の5つのランクにわかれています。

 

通常は最上位のエクセレントのダイヤモンドは

一流の百貨店や一定の専門店でしか取扱いがないくらい

希少なダイヤモンドになります。

 

しかも、価格はエクセレントではないダイヤモンドと比較して

大変高価なものになります。

 

勿論、ダイヤモンドの輝きや指にはめた時の感動が

一段と増すのがこのエクセレントCUTになります。

 

北川景子さんがDAIGOさんからプレゼントされた

ダイヤは2カラットで大きいだけではなく、

 

輝きが感動的であることでとても

喜びが増していると思います。

 

北川景子さんのような有名ブランドで2カラットもなくても

十分に感動が得られます。

 

1カラットでもかなり存在感がありますので、

1カラットのダイヤモンドであり、

 

カットがエクセレントということであれば、

相当希少性が高いです。

 

彼女をシンデレラにする「履けるガラスの靴」のプレゼントについてはこちら!

 

一般のお店では見つからない可能性もあります。

それだけに指に着けた時の輝きと感動が大きいので、

 

予算の範囲に収まるようであれば、

探してみてはいかがでしょうか?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析