降圧薬=高血圧症治療剤の副作用から逃れる漢方薬の利用方法とは?



降圧薬(=高血圧症治療剤)の副作用による重い肝障害が発生して、

死亡者が出ていることが発表されました。

 

今回報道された薬品だけではなく、薬には副作用はつきものです。

副作用が強く出るか比較的小さいのかの違いにすぎません。

 

むしろ副作用よりも高血圧であることの方が健康上のリスクが高いこともありますから、

薬を服用する意味は大きいです。

 

降圧薬の副作用を避けるために、新薬の量を減らすための

漢方薬の利用と高血圧を回避する方法を考えてみます。

 

 

降圧薬の服用が必要であれば量を減らせないか医師に打診する!

降圧薬にも量によって数種類あります。

できる限り服用する回数や1回あたりの量を減らすことができれば、

降圧薬による副作用は減らせます。

 

薬は多く飲めばそれだけ効くものでもないですし、

医師も効果を高めるという意味で

 

複数の薬を組み合わせたりもします。

 

極力1種類の降圧薬だけにするべきですし、

長い目で見て肝臓や腎臓に負担をかけないという意味でも

 

降圧薬を服用しながら量を減らしても血圧をコントロールできるようなら

医師に相談して減らしていきましょう。

 

降圧薬を減らせるように漢方薬との組み合わせを考えてもらい副作用を減らす!

漢方薬にも副作用はありますが、新薬との比較でマイルドです。

 

西洋医学的に開発された新薬である降圧薬の量を減らす方法は

漢方薬によって血圧を低めに誘導できるような

体質にあった処方をしてもらえれば、

 

降圧薬として処方された薬の量を減らしたり、

最終的に服用しなくても済むようにもなります。

 

また、漢方薬を服用するメリットは漢方の考え方である、

血流をよくするという考え方があることです。

 

漢方薬の服用で血流の流れがよくなるということは

血圧も改善されることにつながります。

 

漢方薬に詳しい先生を探すということも必要になります。

「奇跡の漢方的食事療法」の著者岡部哲郎先生は、

元東大特任教授で、漢方薬で病気を治療している先生です。

 

岡部先生のように高血圧を解釈すれば、

降圧剤で血圧を下げても、

 

高血圧の原因を取り除かないと意味がない

ということが言えるのではないでしょうか?

 

高血圧を改善するために血管年齢を若返らせる!

高血圧の原因は動脈硬化にもあります。

 

食生活を改善して動脈硬化を食事によって改善で切れば、

降圧薬の服用が不要になる可能性すらあります。

 

適度な運動と野菜や魚中心の食生活を心がけるだけで

動脈硬化は改善していきます。

 

また、調理の仕方についても油を使わなくても調理できる

調理器具を利用したり、

 

油を使わない調理方法を考えることも

同じ食材を食べるにしても有効です。

 

動脈硬化が原因で阿藤快さんが発症した大動脈破裂を予防するための食実にいてはこちら!

 

動脈硬化に好影響の油分もあるでしょけれども、

酸化した油は動脈硬化のもとになります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析