青森県十和田市「温泉民宿 南部屋」が移住テレビ番組「イチから住」で紹介!



青森県青森市に移住体験をしている

泉浩・末永遥夫婦は、十和田市に移住をして

 

民宿を開業した「温泉民宿 南部屋」に

足を延ばします。

 

一度は廃業してしまった民宿を再開したという

民宿の店主は埼玉県からの

移住者でした。

 

「温泉民宿 南部屋」はどんなところにあるのか、アクセス方法などについて、

見ていきましょう。

 

青森県十和田市「温泉民宿 南部屋」店主が「イチから住」に出演!

泉浩・末永遥夫婦は青森市から十和田市へ小旅行をするのですが、

十和田市の民宿の店主はまさに移住者。

 

「温泉民宿南部屋」には温泉もあり、郷土料理の「せんべい汁」や

十和田湖で獲れた「ニジマス」など地元の味を大事にしていることが

番組でも紹介されます。

 

「温泉民宿南部屋」店主はさいたま市から青森県十和田市へ移住して民宿開業!

一度閉館した民宿を再開させ、十和田市に移住した男性がいる。

同市奥瀬で4月末から「温泉民宿南部屋」

を経営する田村暁(さとる)さん(40)=さいたま市出身。

新装開店には市が2016年度拡充した

「創業支援等空き店舗等活用事業」を利用した。

補助金に感謝しながら、腰を据え十和田での

仕事に打ち込むつもりだ。

出典:空き家で民宿創業、移住 旅行会社から転身 田村さん(さいたま市出身)改装に市補助金「ここで出迎える側に」

「温泉民宿南部屋」は、なんと、地元の東奥日報という地方紙でも

紹介されていました。

さいたま市から十和田市まで地図を見ればわかりますけれども、

車での移動距離は670㎞にもなります。

 

しかも、埼玉県でも比較的便利なところから、

田舎の不便な場所への移住です。

 

テレビ番組「イチから住」では民宿「温泉民宿 南部屋」の購入価格を公表!高いか安いのか?

イチから住では廃業していた民宿を700万円で購入したと

放送しています。

 

「温泉民宿 南部屋」の店主のように移住して民宿を開業するような場合に、

参考になる事例ではないでしょうか?

 

「温泉民宿南部屋」では、日帰り温泉入浴ができたりするので、

温泉が一つの商品となっています。

 

しかも、奥入瀬渓流付近にある温泉はかなり有名で、

ブランド力があるのです。

 

奥入瀬渓流付近の民宿では温泉を持っていなくて、

近くの有名な温泉を持つホテルや旅館に

顧客を送り迎えをして入浴してもらう民宿もあります。

 

その意味では、非常に恵まれているとも

言えるのではないでしょうか?

 

温泉の源泉を持っているかどうかはわかりませんが、

温泉を使用する権利を含めて700万円だとしたら、

格安です。

 

移住するときに、民宿を開業するしないではなく、

単純に自分で住む物件を探すときに、

温泉の使用権がついている物件で

値段が安値になっているものは

非常にお得なのです。

 

毎日温泉に入れるなんて、

リッチな生活だと思いませんか?

 

「温泉民宿南部屋」予約、アクセス方法

温泉民宿 南部屋

住所:〒034-0301 青森県十和田市 大字奥瀬字栃久保11-41

地図:

URL:http://nanbuyatowada.wixsite.com/nanbuya

予約や問い合わせ先TEL・FAX:0176-74-2047

 

温泉民宿 南部屋の特徴

温泉が源泉かけ流しであることは奥入瀬にある温泉ですし、

ポイントが高いですね。

 

ただ、温泉よりもいいのは、周辺の観光スポットが豊富であることです。

 

秋は紅葉が見事ですし、春の新緑も素晴らしいです。

 

奥入瀬渓流に行ったことがない人は、

一度は、行ってみることをお薦めします。

 

注意情報としては、十和田市に隣接する秋田県鹿角市では

人食い熊が出ていますので、

山菜取りなどで山に入るのは注意しましょう。

 

⇒秋田県鹿角市で人食い熊がでた場所を地図で確認!十和田大湯温泉は大丈夫か?
をご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析