平塚市 精肉店=肉のユーダイは横内団に住む外国人むけ300種類の肉を販売!



神奈川県平塚市にある精肉店肉のユーダイ」には、

多国籍向けの肉が300種類もおいてあります。

 

日本人ならあまり食べないようなものも、

海外の人にとってはなくてはならない

故郷の懐かしいお肉の味であることが多いのです。

 

肉のユーダイが海外の人たちが好む肉を

多数扱っているのは、

 

横内団地内にあって、20%は外国人であるという

ことで高いニーズに答えているのです。

 

平塚市の精肉店「肉のユーダイ」がドキュメント72時間で紹介!

神奈川・平塚にある精肉店。一見普通の店構えながら、

並んでいるのは「牛の腎臓」から「豚の血」まで、

めったに見かけない肉ばかり。多彩な品ぞろえを目当てに訪れるのは、

数万円の肉をまとめ買いするペルー人や、

大家族のために腕をふるうフィリピン女性などさまざま。

大量に買われた肉は、それぞれのキッチンで各国料理に早変わりする。

おなかいっぱい肉料理を食べて、異国で生きていく人々の物語。

出典:「平塚 多国籍のお肉屋さん」

番組は、2016/10/14に放送されたのですけれども、

オンディマンドでも視聴することが可能です。

 

肉のユーダイでどんな人たちがどんな肉を購入しているのか?

肉のユーダイに来る方は、もちろん地元の住民の方で、

日本人のお客さまもいらっしゃいますが、

 

外国から移住してきた人たちも多く来店しています。

 

ラオスから移住してきた人は、豚のコブクロ(子宮)や

豚の頭を購入してき、

 

カンボジア出身の人は、「牛の胆のう」部分の

肉や滅多に売っていない「皮付きの豚肉」を購入。

 

インドネシアから平塚に来た人は、

イスラム教の戒律に則っているお肉を

購入していくという感じです。

 

日本人の場合は、沖縄では、軟骨が薬だからと

軟骨付きのお肉を購入しています。

 

肉のユーダイは非常にバラエティに富んだ、

肉のニーズにこたえているのです。

 

ラオス、ベトナム、カンボジアの人たちが平塚市の精肉店「肉のユーダイ」の常連さんに多い理由は?

世界中で移民問題が経済的な問題とともにクローズアップされています。

日本でも、1980年代に、ラオス、ベトナム、カンボジアからの

難民を神奈川県大和市で受け入れた経緯があるからです。

 

戦争を逃れて、日本に子供のころから住んでいる人たちが、

肉のユーダイの常連さんになっています。

 

 

平塚市「肉のユーダイ」が300種類もの肉を扱うのは、「横内団地」の20%が外国人だから?

肉のユーダイが日本人中心の品ぞろえではなく、

外国人向けの品ぞろえもしているかというと、

 

肉のユーダイが立地する住宅街の西側には、

50棟もの集合住宅がならぶ、

 

神奈川県営「横内団地」があって、

団地に住んでいる人の20%が外国人であるという

状況があって、

 

多種多様な肉のニーズにこたえているともいえるのです。

 

また、横内団地ではなく、すでに持ち家を持っている外国人も、

肉を購入するために、肉のユーダイを訪れているという状況があります。

 

ご近所にあるベトナムレストラン「ハイルア」

も常連さんです。

 

埼玉県でも川口の団地は外国人が多くなっているのですが、

外国人が好む肉のニーズがありそうです。

 

平塚市「肉のユーダイ」へのアクセス方法

店名:肉のユーダイ

住所:神奈川県平塚市横内3785-4

TEL:0463-54-1173
FAX:0463-54-1186

営業時間:9:30~19:30

定休日: 毎週木曜日

 

多品種を扱っていながらも安いという評判です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析