風邪の治し方は体を温める食べ物をとって発汗すること!




風邪を引いた時には、食欲も今一つの時があります。

もしも、食欲がないときは無理して食べなくても

いいのですが、もしも食べられる状況であれば、

 

できるだけ、体を内側から食べ物で温めて

治していくことができます。

 

冬に引いた風邪を治し方と合わせて、

体を温めてくれる食べ物についてみていきます。

 

 

風邪を治すには体を温め、発汗作用のある食べ物でウイルスを外に出すこと!

風邪を引くと熱がでるのは風邪を治そうとする体の

防御機能ですから悪いことだけではないです。

 

ただしあまりに高熱がでるのも問題ですから、

熱を下げて頭痛をとって、

 

その上で、自分自身で体を温めて

発汗をしては下着を取り換えて、

 

どんどん風邪ウイルスを外に出していきましょう。

 

食べられるようになった段階では、

体を温める食べ物では鍋物など

 

暖かい食べ物がいいです。

 

好き嫌いがあるでしょうけれども、キムチ鍋を食べて

発汗するようなイメージです。

 

風邪の時に発汗作用がある食べ物とは?

風邪を引いた時は発散作用があって、発汗を促す食べ物を

取るようにするといいです。

 

発汗を促す具体的な食材には、

香辛料などのスパイスとして利用されるものでは、

  • トウガラシ
  • サンショウ
  • コショウ

 

野菜などで発汗を促す食べ物は

  • ダイコン
  • サトイモ
  • アブラナ
  • ニンジン
  • シソ
  • パセリ
  • ネギ
  • タマネギ
  • ニンニク
  • ショウガ

などがあります。

 

自宅でキムチ鍋でも、ちゃんこ鍋でも好きな味付けで

具材として、上記のような発汗を促してくれる

野菜を入れるといいです。

 

風邪を引きやすい冬には体を温める食べ物をとる!

風邪を治すためには発汗を促すことが大切ですが、

体内の新陳代謝が活発になって健康にもいいです。

 

風邪を治すためには体を冷やすのではなく、

温める必要がありますので、

 

体を温めるという意味では、

 

先ほどの発汗作用がある食材の他には、

 

  • ニラ
  • カブラ
  • カボチャ

などもよいです。

 

一旦、風邪を引いてしまっても食べ物に気を配ることで、

体を温めることが風邪の治りを早くしてくれます。

 

風邪が治らず倦怠感があるときの漢方薬についてはこちら!

 

冬は冷えによって体内の新陳代謝が悪くなります。

その為に風邪にもかかりやすくなりますから、

 

体内の新陳代謝、血行を良くする食べ物、

体を温める食べ物をとって

風邪を予防することが大切です。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析