梅沢富美男の自宅は田園調布にある豪邸の資産価値や住所の特定方法とは?




梅沢富美男さんは大衆演劇「梅沢劇団」の創設者です。

 

劇団を創設した人はこの世に多くいますが、

経済的には苦労しながら

文化活動をしている人が多いです。

 

ところが、梅沢富美男さんの場合は馬主でもあり、

自宅大田区田園調布豪邸を構えるだけのお金持ちです。

 

名前の通り、富む男ですね。

 

梅沢富美男さんの豪邸の資産価値や住所の特定方法についてみていきます。

 

 

梅沢富美男が豪邸に住めるのは劇団の興行収入で競馬ではない!

梅沢富美男さんの自宅には自身がこれまで所有してきた

馬の写真などが飾ってあります。

 

馬主だったから豪邸が持てたのではなく、豪邸を持てるほど

劇団経営の収入が大きいということです。

 

梅沢富美男さんは年間で約200日の舞台をこなしているといわれ、

年間で80万人もの観客が舞台を見に来ると言います。

 

50億円以上とも言われる興行収入を稼いでいますので、

馬主になれるほど、梅沢さん自身の収入もあるのだと推測できます。

 

梅沢富美男が住む自宅の資産価値はどのくらいあるのか?

梅沢富美男さんの自宅は田園調布にある一戸建てです。

 

田園調布には地区計画が定められていまして、

最低敷地面積が165㎡(約49.91坪)

以下の敷地面積には住宅を建築することができません。

 

敷地をゆったりと使うことできれいな街並みを整備したことで

高級住宅街になりました。

 

場所はどこかを特定はできていませんが、

田園調布の平均的な土地の値段というのは、

 

場所や道路の向きなどにもよりますが

坪当たり200万円くらいと言われています。

 

仮に、田園調布で最低の敷地面積である

約50坪を購入するには

1億円が必要であることが分かります。

 

都内では50坪の土地でも豪邸と呼ばれたりするのですが、

 

梅沢富美男さんの住宅の敷地面積は

50坪では収まらないと思います。

 

その理由は

  • 建物が6LDKもある大きな家であること
  • 庭が広くて桜の木が1本植えられるくらいであること
  • リビングダイニングが40帖もあること
  • 玄関が大勢の人が集まれるように大きいこと

などが挙げられます。

 

一般的な感覚では、土地が50坪の住宅であると、

平均より少し大きめの35坪(4LDK)

くらいの家を建てて、

カースペースを1台つけると庭はかなり小さくなります。

 

田園調布の最低敷地である約50坪の敷地の中では

梅沢富美男さんの自宅の様に

 

太い桜の木をご近所に迷惑にならないように

庭に植えるというのは不可能です。

 

おそらくは、100~150坪はないと

梅沢富美男さんの豪邸は入らないでしょうね。

 

つまり、土地の値段だけでも

2億~3億円くらいの資産価値はありそうです。

 

梅沢富美男の自宅の住所を特定する方法は?

梅沢富美男さんの住所を特定するには、

梅沢富美男さんの豪邸の特徴を覚えておけば、

 

田園調布をあるけばわかると思います。

 

梅沢富美男さんの自宅は3階建てです。

 

これはかなり特徴的です。なぜなら、田園調布で3階建てを建てる人は

あまりいません。

 

田園調布には地区計画があって建物の絶対高さが9メートル以下でなければ

なりません。

 

できる限り低層の住宅が立ち並ぶように大田区が制限をかけています。

 

高さが9メートルまでということは高層マンションなどは論外ですし、

一般住宅を建築するときでも3階建てが限界になります。

 

田園調布という厳しい地区計画があるために、

ビルを建てて住む人はいません。

 

田園調布という特殊な場所に住む人たちはおのずと

平屋建てか2階建ての住宅を主に建築することになります。

 

ですから、3階建てというのはかなり珍しい特徴となります。

 

それから、桜の木が庭にあるというのも珍しいです。

 

梅沢富美男さんの自宅の庭には高さ7mにもなる

桜の木が植えてあるので、春になればかなり目立つと思います。

 

以上をまとめると、3階建ての豪邸で、庭に桜の木が1本あれば、

梅沢富美男さんの自宅が特定されます。

 

大橋巨泉の千葉にある自宅についてはこちら!

 

本名は「池田富美男」ですから、表札には

池田という名前が書いてあるかもしれません。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析