善光寺のお守りにご利益がありそう!僧侶の格が違いすぎ!




新年を迎えて、合格祈願、学業成就、良縁などの

新年の願いを込めて、ご利益のありそうな

神社や寺院に参拝をする季節です。

 

長野県でご利益がありそうなのは善光寺でしょうね。

 

善光寺のお守りはご利益がありそうなので、

是非ゲットしたいです。

 

善光寺のお守りやご利益や善光寺の住職(=僧侶)についてみていきます。

 

 

信州の善光寺にご利益がありそうなのは歴史と伝統にある!

信州の善光寺の寺院はその歴史の長さと伝統で

観光スポットにもなっていますね。

 

日帰りコースの観光パワースポットとして、

関東、北関東、東海地域、北信越からも

参拝者は多いです。

 

善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院で、住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める。

日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、善光寺聖の勧進や出開帳などによって、

江戸時代末には、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになった。

今日では御開帳が行われる丑年と未年に、より多くの参拝者が訪れる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E5%85%89%E5%AF%BA(ウィキペディア)

 

人々を引き付けるのは、長年の伝統、

日本最古といわれている、一光三尊阿弥陀如来というご本尊だけではなく、

無宗派であることで、幅広く信仰をあつめているのでしょう。

 

善光寺の住職は徳が高そうで、ご利益もありそう!お守りが精神的支柱に!

お寺というのは全国にあるのですが、僧侶にも位があるといわれていますね。

 

僧侶の位は着用している袈裟の色にも表れているようです。

北の湖親方が亡くなって協会葬が行われたときの

僧侶が着用していた袈裟の色は紫でした。

 

善光寺の徳の高い住職が身に着けている袈裟の色は

何色でしょうか?

 

見る機会はほぼないかもしれませんが、

今後、大物人物が亡くなった時に位の高い僧侶がどのような

色の袈裟をきているか注目してみてください。

 

住職は「善光寺上人」と呼ばれ、門跡寺院ではないが代々公家出身者から住職を迎えている。

2014年(平成26年)現在の「善光寺上人」(「大本願上人」)は鷹司家出身の121世鷹司誓玉である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E5%85%89%E5%AF%BA

 

善光寺の住職は、一般人ではなれないことはわかりますよね。

元、貴族の家柄でないと善光寺の住職にはなれません。

 

ですから、お金持ちが善光寺に行ってお金を積んで、

[檀家になりたいと言っても

善光寺では檀家は取っていません。

 

それだけ、信州の善光寺は一般のお寺とは一線を画しています。

 

善光寺の住職は貴族の家柄だというだけではなく、

頭脳明晰な人たちがその家系には多いようです。

 

また、霊能力についても、よくテレビに出ている

嘘か本当かわからない人たちとは違い、

 

マジで、霊感を持っているようなのです。

 

ただし、これは、あくあでも噂の範囲と受け止めてください。

証明するものがありませんから。

 

霊能力は人によって違うでしょうから、現在の

善光寺の住職すべてが霊能力者だとはいいきれません。

 

ある格の高い僧侶から個人的に

聞いた話ですが、

幽霊はいる」ようなのです。

 

それも科学的にはどうしても説明ができないとういことです。

 

ただし、幽霊はもとは人間ですから怖がることはないと。

 

怖がるような生き方をするのはよくないのでしょう。

 

生きていく中で、いろんな悩みがあるときは、

得の高い僧侶に話を聞いてもらいたいものですね。

 

実際には善光寺の住職に直接お会いすることは簡単ではないでしょうが、

善光寺に参拝をして、お札やお守りなどを購入することで

 

ご利益があるかどうかは別としても

精神的には心のよりどころになるように思います。

 

善光寺の徳の高い僧侶にあやかって、合格祈願のご利益も!

 

 

受験生は合格できるか不安な日々が続くと思いますが、

試験本番で全力を出し切るにはメンタルも大切です。

 

東京周辺の関東で縁結びでご利益がありそうな神社についてはこちら!

 

善光寺に参拝して、合格祈願のお守りやお札で

ご利益にあやかるとよいのではないでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析